車にEcho Dot載せてみての感想

Echo Dotをタクシーに乗せて数回営業を行ったのでその感想になります。
まず、昨日の一日間、通信制限にあいました(笑)。直近の3日間で10GBを超えたため、24時間の制限がかかるということでした。利用量を調べてみたら、こんな感じです。
マイネオ利用量
朝から晩まで営業していると、18時間程度繋ぎっぱなしになるのですが、それにしても多いですね。Echo Dotでの再生はWi-Fi接続が前提なので、スマホアプリのAmazon Musicのように音質を下げてデータ使用量を削減することができません。

仕方なしに、本日からスマホとEcho DotをBluetooth接続し、スマホアプリで音楽の再生指示をしてEcho Dotで聴くことにしました。これでデータ通信の削減が見込めます。また、Amazon Music以外のサブスクアプリも利用できるので、こちらのほうが音楽の再生に関しては自由度が増えた感じです。必要なときは「アレクサ」と声かければいろいろ聞いたり音楽を掛けることもできるようです。

これ以外の問題点というか困っているのが、たまにEcho Dotが再起動してしまうこと。発生するタイミングから、音量を上げたりしたときや楽曲のピークで大きな音がするときに多そうな感じです。シガー−USB給電が不足または不安定、給電用USBケーブルの不良、Echo Dot本体の不良と、色々考えられるので明日以降いろいろ試してみます。

Googleローカルガイドから特典いただきました!

ローカルガイド
Googleマップへは口コミやら写真やらを結構アップロードしていまして、現在のGoogleローカルガイドのレベルは7になってたりします。

先日メールにて、ローカルガイドへの特典として、Googleストアでのお買い物が15%オフになるクーポンが届きました(危うく消すところでした)。これはオイシイかも?Pixel 6aで使えれば、なかなかの割引額になりそうです。早速Googleストアで6aをカートに入れてクーポンコードを適用しようとしても、何故かエラーになってしまいます。
クーポンの詳細
よくよくクーポンの届いたメールを確認してみると、「Google Pixelは対象外です」と明記されてました。ショック。クーポンの有効期限は来年の1月末までらしいので、ちょっと期待しているPixel Watchに使おうと思います。

【メダカ】ユリシス抱卵!

6月の初旬に針子の状態で入手したユリシス。まだ体格は小さいけれど食欲旺盛で、元気に育ってました。
ユリシス抱卵
今朝確認すると、二匹のお腹に卵が付いてました!
以前別のメダカ水槽で、水面を針子が泳いでいるのを発見したことはありましたが(このときは卵を生んでいた事自体に気づかなかった)、産卵経験はこれで2回目です。

とりあえずコイツらは、産卵床に産み付けるまで放置で良いのですかね。ワクワク。

ChromeOS Flex入れてみた!

ChromeOS Flex
Windows Updateでドライバー関連のアップデートに失敗して以来使えなくなっていた「Let’snote CF-B10」。約10年前のノートパソコンです。つい最近までサブ機として使っていたので、今回ChromeOS Flexで復活させてみました。

昔はVMwareやVirtualBoxを使って、Linuxを中心にいろいろなOSを入れて遊んでいたのですが、ここのところご無沙汰していたので楽しみです。今回はGigazineさんの記事を軽く見ながらインストールしました。ほぼ問題なくインストールできまして、なかなか快適に利用できてます。
ネットワーク接続エラー
ただ、うちでのトラブルは1件だけありました。インストール途中にネットワークに接続するのですが、自宅のWi-Fiルータ「TP-Link Archer AX72」に接続しようとしても全然繋がりませんでした。原因は調べてないのですが、たぶんルーターの設定に問題があるのでしょう。予備用として設置している「TP-Link Archer AX50」には問題なく接続できました。

少しだけ使用してみたところ、低スペックなパソコンにもかかわらず非常に軽快に動作してくれてます。(Googleアカウントに関連付けされてたからなのか、ワイヤレス接続なプリンタへの)印刷も簡単に出来てしまいちょっと拍子抜けです。

出来ないのはわかっていたのだけれど残念なのが、ノートパソコンに付いているBDドライブが使えなくなってしまったこと。自宅に何台かあるPCの中で、BDドライブが付いてるパソコンはLet’snoteだけなので、これをどうしようか悩み中です。

iPhoneのモバイルデータ通信が不調になった

iPhoneリセット
iOS12のパブリックベータをインストールした後あたりからなのですが、iPhoneでモバイル通信がほとんどできなくなりました。バックアップを取らずにベータを入れてしまったので、マジで焦りましたが、なんとか復旧できたのでその顛末を。

どんな状況だったかと言いますと、ブラウザでWEBページにアクセスしてもしばらくは全く表示されず、1分ほど放置しているといきなりバッと表示されるようになりました。一部の格安SIMである「バースト機能」の逆バージョンみたいな感じです。ネットにアクセスするアプリは、オフラインですとかタイムアウトですなどと言ってほとんど使えない状態でした。ただしWi-Fiでの接続時や発着信は問題なかったため、しばらく放置しておりました。ちなみにSIM構成は、物理SIMがdocomo回線を利用するMVNO、eSIMがpovo2.0で、物理SIMを主回線として使っております。

そろそろ復活させようと思いまして、再起動したり構成プロファイルを再インストールしたり色々やっていましたら、モバイルデータ通信が完全にできない状態になってしまったので、一瞬クリアインストールを覚悟したのですが。

リセットを行うメニュー「設定」ー「一般」-「転送またはiPhoneをリセット」からリセットを選んだメニューで「モバイル通信プランをすべて削除」という項目を発見。これはもしや!と思いやってみました。

これを行うことにより、一部を除くMVNOは構成プロファイルの再インストールが、eSIMは再発行の手続きが必要になります。povo2.0のeSIM再発行は、サポートチャットからの申し込みが必要なので少し面倒なのですが、無料で対応していただけます。

povoはまだ未確認ですが、上記操作により無事にモバイル通信ができるようになり、完全リセットは行わずにすみました。今回の不具合がパブリックベータのインストールが原因なのか分かりませんが、やはりバックアップは大切ですね。今後はちゃんと取るようにします。