矢場とん

Jun25_1014.jpg味噌かつの「矢場とん」銀座店に行ってきました。
味噌かつといえば、 いわずと知れた名古屋名物のひとつ。 味噌煮込みうどん、 きしめん、 あんかけスパ、 手羽先、 ういろうなどなど。 独自の食文化を形成する名古屋ですが、 それらの名物の中でも、 一際光耀いているのがこの味噌かつのような気がします。
今回はじめての矢場とんということで、 代表的なメニューである「わらじとんかつ」を撰択。 通常は普通サイズのトンカツは、 ソースか味噌の二社撰択らしいのですが、 わらじはサイズが大きいため半々ができるということで、 迷わずにそれを撰択。 写真の手前がソース、 向こう側が味噌ですね。 たしかにデカい。 カツの横幅は、 だいたい25cmくらいでしょうか? たたいて大きくしているため、 肉の厚さはそれほどありません。 吉野家のソースかつ丼の方が厚いくらいですが、 色がうっすらピンク色で、 いかにも美味しそう。 実際美味しいです^^
ただ残念なのが、 店員の接客でしょうか。 席についてもお茶もなかなかでてこない、 メニューがでてこない(結局みれなかった)、 料理がでて来て「ごゆっくり召しあがれ」と言われたときに箸がでてなかったり。 ちょっと御粗末すぎました。 最近は、 こんなことで腹をたてていては外食できませんので、 文句言ったりはしませんでしたが、 そこそこいいお値段なのですからもうちょっと何とかして欲しいものです。 味的には美味しいと思うので、 東京在住で味噌カツ未経験のかた、 是非一度ここでチャレンジしてみて下さい。
矢場とん