最近のエントリーの表示数制御と、カテゴリーのプルダウン表示

今回は、 2 点ばかり変更しました。 MTEntries を使って表示する Entry の数を制御します。 そして、 カテゴリー表示部分をプルダウンに変更します。
まず、 トップページの記事のところ、今までは 3 日分の記事を表示していましたが、 これを最新の 5 つの記事を表示するようにします。
Main Index テンプレートで、
<MTEntries>

<MTEntries lastn=”5″>
に変更。 そして、 左に表示されているメニューの 「最近のエントリー」 では新しい 5 つの記事を省き、 6 件目から表示するように変更します。
「最近のエントリー」 部分の、
<MTEntries lastn=”10″>

<MTEntries lastn=”10″ offset=”5″>
に変更します。
次に、 カテゴリーの部分をプルダウンメニューに変更します。 まず Main Index テンプレートの、 <head> – </head> 間の、</script> の上に以下を追加します。
function MM_jumpMenu(targ,selObj,restore) { //v3.0
eval(targ+”.location='”+selObj.options[selObj.selectedIndex].value+”‘”);
if (restore) selObj.selectedIndex=0;
}
次に、 今ある カテゴリー表示部分の下のようなところを削除します。
<MTCategories>
<a href=”<$MTCategoryArchiveLink$>”>
<span class=”side1″><$MTCategoryDescription$></span></a>
(<$MTCategoryCount$>件)<br />
<MTEntries lastn=”1″ >
  <a href=”<$MTEntryPermalink$>”><$MTEntryTitle$></a><br />
</MTEntries>
</MTCategories>
代わりに下を追加をしましょう。
<form name=”pulldown_category”>
<select name=”menu” onChange=”MM_jumpMenu(‘parent’,this,0)”>
<option value=”<$MTBlogURL>” selected>– カテゴリー –</option>
<MTCategories show_empty=”1″>
<option value=”<$MTCategoryArchiveLink$>”>・<$MTCategoryLabel$> (<$MTCategoryCount$>)</option>
</MTCategories>
</select>
</form>
最後に、 Stylesheet の一番末尾にでも、
form { margin:0px; }
select {
width:100%;
font-family: “MS Pゴシック”, “ヒラギノ丸ゴ Pro W4″, HiraMaruPro-W4, Osaka,”Trebuchet MS”, verdana, arial, sans-serif;
}
を追加して、 Rebuild すれば完成です。 これでちょっとすっきり。
参考:
最近のエントリー〜MTEntriesタグ応用 (検索エンジン最適化のブログSEO)
「過去ログ、カテゴリー」をプルダウンに (sea-bird.org::Murachi)


いきなり追記です。
<head> – </head> 間 に追記するスクリプト、 Main Index だけでなく、 Category Archive, Date-Based Archive, Individual Entry Archive それぞれのテンプレートにも追加する必要がありました。

関連した記事:

投稿時刻: 12:05 AM | カテゴリー: Blog | パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です