ブルーベリージャムを作ってみました

040805_1.jpg軽井沢 1 日目で取ってきたブルーベリー。 とりあえず全量を冷凍庫に入れておいたのですが、 邪魔でしようがないのでジャムにしちゃいました。 そのときのレシピというか作り方のメモです。
まず、 全体の約半分、 500g くらいを凍ったまま鍋にど〜んと入れて弱火にかけます。 徐々に解凍され色が変わってきますので、 焦げないように木べらでかき混ぜながら加熱していきます。

040805_2.jpgさらにどんどん加熱してかき混ぜていくと、 果汁がどわ〜っと出てきます。 粒をつぶそうとしなくても軽くかき混ぜているうちにどんどん割れていくようで、 見る見るうちに果汁が増えてきます。 写真は加熱し始めて 12~3 分程度の状態。 ここでちょっとお味見。 おぉ、すっぱい、 けどほのかな甘みがあってうまい。 このまま何かのお料理に使えないかなと思ったけど、 特に思いつかなかったので次に進みます。

040805_3.jpg自分のお好みの状態になるまで煮詰めます。 今回はあんまり粒が残っていない感じにしようと思ったので、 上の写真の状態からさらに 10 分くらい煮詰めました。 ここでお砂糖を入れます。 このくらいの分量のベリーだと、 200g くらい入れるらしいのですが、 もちろん秤がないので目分量。 入れすぎが怖いので、少しずつ入れては味見を繰り返し、 程よい感じの甘さに仕上げます。 仕上げにレモン果汁を適量いれ、 さらに煮詰めていきます。 目標となるジャムの硬さよりも少しゆるめの状態になったら火を止めます。

040805_4.jpgせっかく作ったジャムですから、ちゃんと保存しましょう。 やはりジャムといえば瓶詰めですネ。
まずは消毒。 よく洗った密閉できるガラス瓶に消毒用エタノールを少量入れ、蓋を閉めてよく振ります。 壁面全体にエタノールが行き渡るように。 そのエタノールをもうひとつの瓶に移し変え、 よく振ります。 エタノールがない家 (普通ないよね。 昔ビールを作っていたときに使っていたやつの残りです) では煮沸消毒がお勧めです。 エタノール消毒後は水洗いする必要はないので、 そのまま瓶の中へジャムを入れていきます。 大体瓶の 8 分目くらいまで入れましょう。
次は煮沸です。 瓶の蓋を軽く閉め(空気が通る程度)、 8 分目くらいが浸る程度のお湯の中に瓶を入れて加熱。 10 ~ 20 分程度加熱しましょう。 やけどをしないように瓶を取り出し、 蓋がちゃんと閉まっているか再度確認。 ぎゅっと締めてあげましょう。 これで完成。
あとはあら熱を取り、 念のため冷蔵庫で保存です。 これで、 2~3 ヶ月は十分持つはずなのですが、 味見をして 「(・_・)……ン?」 っと思ったらやめておきましょう(笑)
ちなみに、左の瓶は 100 円ショップで購入した瓶で高さ 7cm くらい。 右は高さ 10cm くらいで共に直径は 7cm の大きさです。 今回はちょうどふたつの瓶が一杯になる量でした。

関連した記事:

投稿時刻: 7:30 AM | カテゴリー: 料理 | パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です