LinkStation ハックキット導入完了

前回の記事を書いてからまもなくハックキットが到着。 まず分解(写真つきで解説してあるページもあったので助かりました)して別の HDD を接続しなおします。 んで、 ホームページの導入手順のとおりに操作して無事に Linux (VineLinux2.6) がインストールできました。 簡単簡単。 samba まで手順どおりに入れれば、 とりあえず共有ディスクとしては使えるようになりました。
続いて、 proftpd のインストール。 こちらもいつもどおりで OK。 USB ポートに接続した HDD も /dev/sda として問題なく認識したので、 後は旧環境からファイルを移行するのみ。 Vine なので文字コードは EUC。 今までは Fedora のデフォルト環境で使っていたので、 日本語ファイル名を変換するので手間取りましたが、 無事に完了です。
今までの FTP 環境は下手をすれば数分、 長くても一日持たないで OS ハングアップという状態でしたが、 HD-HGLAN に変えてからはまったくのトラブル知らず。 快適です。 結構投資しちゃいましたが、 ストレスから開放されただけでもうれしい。
残るは WEB の方。 実はこのホームページも仮サーバで動いているのです。 相当昔のノート PC で動いているので、 早く本来あるべき姿に戻さないと。 まさか、 LinkStation で Movable Type 動かすのは酷でしょうからね。
そろそろ LinkStation もばらした状態でなくて、 元のちゃんとした姿に戻してあげなくてはなりません。 でも、 ばらしたのは2週間も前。 すでに記憶はおぼろです。 元の形に戻るのかなぁ。 ちょっと心配^^;

関連した記事:

投稿時刻: 6:33 PM | カテゴリー: 自宅サーバ関連 | パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です