光の移行は面倒くさい・・・

前回の記事の翌日に工事会社に電話して、 早速新しい工事日を調整しようとしたのですが、 なんと土日はお休み。 ASAHIネットも土日はサポート受付してくれないので、 結局本日工事会社に電話しました。 ちなみに土曜日にASAHIネットにはWEBから問い合わせを行ったのに、 今のところ回答がなし。 これで本当にサポートNo.1のプロバイダなのかね。
さて。 他社の光回線&0ABJ番号のIP電話を使っている場合、 二つの移行方法があるそうです。
ひとつめは、 IP電話を一度アナログ回線に戻すこと。 手順はこんな感じです。
・IP電話→アナログ回線へ同番で変更
・前の会社(今回はNTT)のMDF工事(NTTの設備から物理的に回線を外す必要があるらしい)
・新しい会社のMDF工事
・アナログ電話→IP電話へ同番で変更
2番目と3番目をちゃんと日程調整して同日工事にしないと、 不通期間が出来てしまい不便そうです。 しかもNTTの工事日の調整&KDDIの工事日の調整は、 なぜか私がやらなくてはいけないらしい。 なんで? これもあとでASAHIネットにクレーム出しておこう。
ふたつめの方法は、 KDDIの工事会社を宅内に入れて、 いろいろ調整&設定してもらう方法。 こちらでもいいかなと思ったのだけれど、 工事に時間がかかる&0ABJ番号が2~3週間使えない可能性があるとのこと。 まぁ家の電話ってほとんどかかってこないのでかまわないのだけれど、 宅内工事だと立ち会いが必要だし、 おそらく週末はなかなかやってくれないだろうから、 前者の方法をとることにしました。
アナログへの変更でおそらく一週間はかかるだろうし、 GW も間に入っちゃうので、 おそらく切り替えは5月中旬以降になりそうです。 困ったものだ。

関連した記事:

投稿時刻: 6:10 PM | カテゴリー: Internet | パーマリンク

光の移行は面倒くさい・・・” への2件のコメント

  1. その後NTTへ電話してみたら、IP電話の同番移行は、プロバイダから関係各所へ連絡が来て処理を行うことになっているらしい。今回の一連のことを見てみると、『プロバイダは変えずに回線だけを置き換える&IP電話の移行も含む』ということを唯一把握しているはずのASAHIネットが、適切な情報を関連会社へ提供しておらず、必要な手続きを行っていないということがわかりました。 顧客満足度No1という評判のASAHIネットさんというのは、どうやら偽りのようです。
    とりあえず、WEBから抗議文を送ってみました。さてさて、返事は来るのか知らん?
    --以下、抗議文w
    顧客満足度No1のASAHIネットさん。至急連絡ください。というかいい加減にしてください。なぜ私がBフレッツからひかりoneへの移行ということが、工事業者、NTTなどに伝わっていないのですか?なぜ私が各業者へ連絡して、解約とか工事日の調整をしなくてはいけないのですか? IP電話の同番移行も含め、関係業者に至急調整し、今月中に移行完了するようにさせてください。

  2. 移行前に、一応速度チェックをw
    まぁ、こんなものか?
    ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
    http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
    測定時刻 2008/04/29 18:38:11
    回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows Vista/神奈川県
    サービス/ISP:Bフレッツ マンションVDSL方式/-
    サーバ1[N] 29.1Mbps
    サーバ2[S] 30.5Mbps
    下り受信速度: 30Mbps(30.5Mbps,3.82MByte/s)
    上り送信速度: 3.9Mbps(3.96Mbps,490kByte/s)
    診断コメント: Bフレッツ マンションVDSL方式の下り平均速度は28Mbpsなので、あなたの速度は標準的な速度です。(下位から60%tile)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です