ひかりoneとASAHIネットと自宅メールサーバ

5/14 にBフレッツからひかりoneに変わりました~。 ただ、 不都合が出てまして、困ってます^^;
DynamicDNS を使って自宅でメールサーバ(postfix)を立てているのですが、 ひかりoneになってからメール送信出来なくなってしまいました。 原因は、 OB25P (Outbound Port 25 Blocking) のようです。
今まで問題にならなかったのは、 Bフレッツで固定 IP アドレスを使っていたから。 ASAHIネットでは、 先月まで月額無料で固定 IP が使えていたんですよね(残念ながら今月から有料サービスに変更されてしまいました)。
現象としては、 /var/log/maillog で 「No route to host (port 25)」 というメッセージが表示されます。 確かにそのサーバに telnet で 25 に繋いでみても、 同じメッセージが出てしまいます。 どうにか出来ないかといろいろ調べてみたら、 ASAHIネットでは RELAY サーバを用意してくれているようです。
ASAHIネット
自宅サーバーを設置し、メールサーバーとして利用する場合、25番ポートブロックの影響を受けますか?

つまり、 /etc/postfix/main.cf に、 下記を追加すればよいっぽい。
relayhost = [op25b.asahi-net.or.jp]
しかし相変わらずこんなメッセージが maillog に出てしまいます。
op25b.asahi-net.or.jp[220.157.253.3]: No route to host (port 25)
ASAHIネットの資料によると、 うちの環境(動的IPアドレスによる接続でメールサーバーを設置している場合)では「対応方式(D)」 、 つまり上記の設定で問題ないはず。 う~ん、 なんでだろう・・・
さらに調べてみると、 電子メールソフトの設定 [標準設定]にいやな記述を見つけてしまいました。 基本設定の※5に、「ひかりone回線から25番ポートはご利用できません。」 。 え!マジですか?
ということはですよ。 ASAHIネットが中継用メールサーバを用意しているけれど、 ひかりoneからはそこへも(25番使って)接続できないということですよね。 しかもひかりoneでは固定 IP アドレスは使用できないから、 実質的にメールサーバは立てられないという事になってしまうみたい。 これは痛すぎます。 盲点でした。 早くもやめたくなってきましたw。
今現在、 ワタシの思いつく対応策は、 ASAHIネットの中継用メールサーバにサブミッションポート対応をしてもらうことくらいでしょうか?駄目もとで一応お願いしてみます・・・
とりあえず自宅宛のメールが外で見られるようにするため、 Webmail (squirrelmail) の設定をして急場をしのいでおります。 はぁ。

関連した記事:

投稿時刻: 8:34 AM | カテゴリー: 自宅サーバ関連 | パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です