秀丸メールからThunderbirdへメールデータの移行

最近、 会社パソコンの管理が異常に厳しく、 HDD を暗号化してる上にファイル暗号化ソフトを入れ、 しかも漏洩防止対策として USB や PC カードも原則使えなくなってます。 そして、 個人で購入したシェアウェアや許可されていないフリーウェアのインストールも禁止されています。
長らく愛用していた秀丸メールなんですが、 一応シェアウェアです。 秀丸メールは会社的に使っていいことになっているのですが、 秀丸メールはなんかダメみたい。 しかも上記のファイル暗号化ソフトと相性が悪いため、 思い切ってフリーで会社から使用許可されているメールソフト、 「Thunderbird」 への乗換えを敢行いたしました。
まずは、メールデータを移行しなくちゃいけません。 すんなり行かないのでとりあえず手順をまとめてみました。 なお、下記は私がやった手順であって、すべての方に当てはまるものではない可能性があります。 メールが消えちゃっても責任は取れませんので、ご注意ください。
【秀丸メールからメールをエクスポート】
まずは秀丸メールから過去メールを抜き出します。メールフォルダ単位でエクスポートします。メールフォルダ内の全メールを選択した後、「ファイル(F)」-「エクスポート(E)…」を選んで「メールのエクスポート」画面を表示させます。
ここで、形式(K)は 「UNIX MBOX形式(「From」区切り)」を選びます。
オプションとして、次のチェックをします。
・現在のメール(でコードされた形の物)をエクスポートする(C)
・エンコードする(E)
・添付ファイルも出力する(A)
・自動折り返し部分に改行を入れる(M) これはお好みで?
・utf-8文字コードで出力する(U)
次へを押してエクスポート先ファイルの指定を行います。メールフォルダ名にしておくのが良いでしょう。指定したフォルダに、 メールフォルダ名.txt という名前でエクスポートされます。
なお、移行後のことを考え、送信済みメールに関しては、「Sent.txt」 という名前で作成しておきましょう。
【拡張子の削除】
エクスポートしたファイルは拡張子が .txt になっているため、これを削除します。つまり、「メールフォルダ名.txt」というファイル名を「メールフォルダ名」に変更してあげましょう。
拡張子が非表示になっている方は、Explorer の「ツール(T)」-「フォルダ オプション(O)…」の表示タブをクリックし、 「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずします。
【Thunderbird のインストール】
割愛w
一度起動してアカウント情報を設定し、すぐに Thunderbird を終了します。(メールは受信しないようにしてください)
【Mail フォルダの移動と設定変更】
これは必要な方のみ。私はCドライブにメールデータを置きたくないので、保存フォルダを変更します。
標準では送受信のメールは、下記に保存されます。(usernameやxxxx部分は環境によって変わります。)
C:\Documents and Settings\username\Application Data\Thunderbird\Profiles\xxxx.default\Mail
このMail フォルダを別のところへコピーします。 私は、D:\Data\Thunderbird\Mail に変更しました。コピー後に Thunderbird を起動し(ここでもメールは受信しないでね)、フォルダの設定変更を行います。
「ツール(T)」-「アカウント設定(C)…」で、サーバ設定の「メッセージの保存先(L)」は、「D:\Data\THunderbird\Mail\サーバ名」(サーバ名は環境によって変わります)に、 送信(SMTP)サーバの「メッセージの保存先(L)は、「D:\Data\THunderbird\Mail\Local Folders」と設定します。設定したら再び Thunderbird を終了します。
【メールデータの移行】
次に、秀丸メールでエクスポートして拡張子を取ったファイルを、 メッセージの保存先のローカルフォルダ(Mail フォルダを変更したので、私の場合は「D:\Data\THunderbird\Mail\Local Folders」)にコピーします。拡張子.msfのファイルは要約ファイルといって、 Thunderbird が勝手に作ってくれるので気にしなくてOKです。 とりあえず全部 Local Folders 直下にコピーしちゃいましょう。
【移行完了】
Thunderbird を起動します。 左ペインにコピーしたメールフォルダ名が表示されているはずです。フォルダをクリックすると、要約ファイルが作られます。メールが多いとちょっと時間がかかるかも?
メールフォルダがいっぱいある人は一覧にずらずらっと表示されちゃうので、ローカルフォルダを右クリックし新しいフォルダを選択し、適当なフォルダを作成したあとドラッグ&ドロップで整理していきます。
あとはアドレス帳と振り分け設定なんですが、 これは地道に手動で移行するしかないのかな?

関連した記事:

投稿時刻: 12:39 PM | カテゴリー: Internet | パーマリンク

秀丸メールからThunderbirdへメールデータの移行” への1件のコメント

  1. 参考にさせて頂きました。
    自分も会社で秀丸メールを使っていたのですが、
    OutlookかThunderbirdへの乗換えをせねばならず、
    まだすっきり移行できそうなThunderbirdにしました。
    自分がいかに適当にフォルダ作って「管理していたつもり」になっていたのか改めてわかりました…(^^;)
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です