Windows 7 で copipa

いつもちょっとつまずいちゃうので、 この記事は自分のためのメモだったりもしますw。
copipa というソフトウェアをだいぶ前から使ってます。 これは、 Explorer のコンテキストメニュー(右ボタンをクリックしたときに出てくるメニューですね)に、 「ファイル名をコピー」 というメニューを追加してくれるものです。
一つや二つのファイルのファイル名をクリップボードにコピーするなら苦労しませんが、 フォルダ配下にあるたくさんのファイルのリストを作成しようとすると、 結構な手間になります。
コマンドプロンプトで dir /b > filelist.txt などとやってもいいのですが、 それもスマートじゃありませんよね。
そんなときに便利なのがこのソフト。 複数のファイルを選択して、 右ボタン→ファイル名コピーと選ぶだけでファイル名がクリップボードにコピーできます。 便利~。 順番が変になっちゃうこともあるけれど、まぁ大きな問題じゃありません^^;
どんなときによく使うかというと、 音楽ファイルのプレイリストを作成するとき。 mp3 のあるフォルダでファイル名をコピーし、 1曲1行となるようにファイル名だけがならんだテキストファイルを作成します。 その後、 拡張子 .txt を .m3u に変更するだけで完成。 ダブルクリックするだけで、 標準の音楽再生ソフトで全曲を順次再生してくれます。 便利そうでしょう?(そうでもないかしらん?)
さて、 やっと本題。
この copipa 。 今使っている Windows 7 では readme.txt に書いてあるとおりにインストールしてもうまくいきません。 私は下記のようにしてインストールしました。 以下は、基本 Explorer から実行してあげてください。

  • copipa をダウンロード。(本日現在の最新版は、 copipa210.lzh)
  • デスクトップ上に、 copipa というフォルダを作成しておく。
  • ダウンロードしたファイルを解凍し、 すべてのファイルをデスクトップ上の copipa フォルダ直下に。
  • 解凍したファイルの中から、install.bat を選び、 右ボタン→編集。
    次のように変更します。変更が完了したら保存してメモ帳を終了します。
    regsvr32 copipa.dll

    regsvr32 “C:\Program Files\copipa\copipa.dll”
  • デスクトップ上の copipa フォルダを、 C:\Program Files に移動。アクセス許可を求められたら許可する。
  • C:\Program Files\copipa をエクスプローラで開き、install.bat を 右ボタン→管理者として実行。許可するか聞かれるので、「はい」をクリック。

これで、 うまくインストールされるはず。 確か、 Vista でも同じだったはずだけれど、 もう忘れちゃいました~
ちなみに、 これは32ビット OS の話。 64ビットでは無理っぽいです。 残念。

COPIPA
http://www.h4.dion.ne.jp/~fht/software/m_copipa.html

関連した記事:

投稿時刻: 2:03 PM | カテゴリー: Windows | パーマリンク

Windows 7 で copipa” への3件のコメント

  1. vista32でインストールできなくて悩んでいました
    手順通りにやったところ上手くいきました、ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です