メサイア

クリスマスの日。 特に予定もなかったのですが、 たまたまチケットを頂いたので錦糸町にある「すみだトリフォニーホール」までヘンデルの 「メサイア」 を聞きに行ってきました。 チケットは額面 2,000 円なのですが、 どうやら一般には売られていないらしく、 縁故を通して販売されていた模様。 それでも大ホールの 9 割りくらいがうまっていました。
客層は結構お年を召した方が多いみたい。 ご夫婦やご家族でいらっしゃっているようです。 舞台に上がっている方も白髪の方が結構多いようで。 結構遠い席だったので定かではありませんが。
始まったのが 18時半。 間に 15 分の休憩を含めて全てのプログラムが終了したのが 21 時半。 3 時間の長丁場でした。 いや〜、 長かった。 エアコンの調子がよくなかったのか、 暑くなったり寒くなったり。 しかも椅子があまりよいものじゃないので、 お尻が痛いのなんの。
実は声楽系というのでしょうか、 歌が入るものはどうも苦手で今まで聞いたことがなかったのです。 クラシック系のコンサートで一番最初に行ったのが小沢征爾の「春の祭典」他だったはず。 オーケストラは忘れちゃいました。 それ以降、 結構ストラビンスキーとか聞いてましたね。 高校生のころの話ですが。 コンサートに出かけたのははそれ以来のはずなので、 ある意味非常に楽しみにしていたのですが、 今日のは管弦楽の出来がいまいちだったような気がします。 その反面合唱のパワーに圧倒されました。 およそ 200人が 「ハ〜レルヤ!」を歌うと、 それはそれはすごい迫力で迫ってきます。 マンパワーってすばらしい^^ 。
G.F.ヘンデル作曲
オラトリオ 「メサイア(Messiah)」
ブルーメンシュトラウス混声合唱団
ブルーメンシュトラウス管弦楽団
東京公演 2004年12月25日
すみだトリニティーホール

変なおじさん

野暮用で新宿近辺へ車でお出かけ。
帰りに駅からちょっと離れたところへ路駐して南口の電気街へ。 なんか買おうと思って店に入ったのですが駐禁が気になったのですばやく帰ることに。 店を出たところで変なおじさんに声をかけられました。
おじさん 「よぉ!」
わたし (ん、だれだ?)
おじさん 「覚えてない? 私は君のこと知ってるよ。」
わたし (え、しらない。だれだろ) 「すみません、わからないです。」
おじさん 「ナベさん、知り合いにいるでしょ?」
わたし (まぁ、ひとつ上の先輩にそういう人はいたけど、ここ何年もあってないし) 「ごめんなさい、人違いじゃないですか?」
おじさん 「なにいってるの。 同じ ○○○ でしょ?」
わたし (げ、会社名、当たってる、本当に知ってる人かな) 「あ、はい。」
おじさん 「今本社になっちゃってさ。 君は今どこなの?」
わたし 「xxx です。」
おじさん 「ああ、xxx か、 たまに私も行くよ。 で、 判らないかな?」
わたし (必死になって過去をさかのぼってみるが、心当たりがまったくない) 「すみません^^;」
おじさん(そんなこと全然気にしていない風で)「今日はさ、この前競馬で当ててさ、それがかみさんにバレちゃったんでテレビ買うことになっちゃったんだ。 プラズマ。 やんなっちゃうよ。」
わたし 「はぁ。」
おじさん 「かみさんにはバレないようにしてたんだけどね。 いくら当たったと思う?」
わたし (そんな興味ないよ。もう開放してよ) 「え、 そうですね。 50 万くらいですか?」
おじさん 「ちょっとこっち来てみて。」 (そういうと道の端の方へ行って抱えていたポシェットを開いて見せます)
わたし 「わ!、すごい。」 (中には100万ごとに無造作に二つ折りされた束が二つ)
おじさん 「このまえさ、 250万当たったのよ。 かみさんはせいぜい 4,50 万くらい当たったと思ってるみたいだけどね。 ほら、 この時計、 ロレックス。 これも競馬。 あのね、 筑波の方にいい先生がいてね、 情報流してくれるのよ。 」
わたし 「へ〜。」 (本当はいい加減無視して帰りたいのだけど、 本当に知っている人だったらまずいのでとりあえず話をあわせる私^^;)
おじさん 「あなた競馬とかやる? パチンコは? タバコもすわないの? お酒だけなんだ。 そうかぁ。 人生は何か楽しみがないとね。 こう、なんか、 ハラハラドキドキするようなことがないとさ、 面白くないでしょ?」
わたし (私の人生なんだから、あなたにとやかく言われたくないわよ、とは思ったのですが、小心者なので) 「はぁ。」
おじさん 「貯金とかあるの? 50 とか 100 くらいないの? たまにはさ、 一か八かというどきどきする瞬間とかないとね、 そう思わない? その人の言うこと聞いていれば貯金も増えるし。 これからね、 すぐそこの蕎麦屋でその人と待ち合わせしているの。 ちょっとくらい時間あるでしょう? あなたもほら、 一緒においで。 」
わたし (きた〜、 やっぱりその手の勧誘なの? 逃げなくちゃ) 「あ、 いえ。 あの、 知り合いがそこで路駐して待っているもので。」
おじさん (これが以外にあっさりと) 「あ、 そうなの? じゃあしょうがないね。 じゃあまたね。 会社で顔あわせても、 競馬の話とかを社内でしちゃだめだよ。 じゃあまた機会があれば。」
と行ってしまいました。
今もまだ名前は思い出せません。 40代半ばの人のよさそうなおじさんだったんですけどね。 う〜ん、 だれだったんだろう。 私は怪しいと思っていたのでもちろん名乗らなかったのですが、 相手も自分の名前は一切口にしませんでした。 やっぱり知り合いじゃないよなぁ。

ETC 前払い割引登録完了

ETC 前払い割引サービスの申し込み手続きが完了して、 ID とパスワードが送られてきました。 4 日くらいかかったのかな。 予想以上に早かったです。 早速ホームページから前払いをして見ます。 払うのはもちろん 50,000 円。 8,000 円もつくんですからねぇ。 やっぱりこっちでしょう。 これで廃車するまでは高速料金を払わなくて済むかも(笑)
あぁ、 早く使ってみたいなぁ。 どきどき^^

自分へのご褒美

ETC に続いて今日も散財しちゃいました。
041219_01.jpg今日購入したのは、 靴とバッグとお財布です。 靴はキャサリン・ハムネットの黒い普通っぽいもの。 10,000 円で購入。 今年の夏以降、 2 足履きつぶしてしまったのでその補充です。 バッグは薄茶のコットン地のなかなかシッカリしたもの。 間仕切りが一杯あって使いやすそうだし、 会社にもカジュアルなときも両方使えそうなので選んで見ました。 9,000 円くらいだったのが 30 % オフでした。
財布も今まで使っていたのが角が擦り切れ、 いかにもみすぼらしくなって来たので買い替え。 PRARE のもので、 外側は濃いチョコレート色、 内側が明るい茶色でカードが一杯入るのが購入の決め手^^。 10,000 円の 20 % オフでした。 全部あわせて、 25,000 円くらいかな? すべて川崎のエスパで購入。 地元密着型でいいわ〜(笑)。 明日は雨らしいけど、 靴とお財布はデビューです。^^

ETC 取り付けました

高速は年に数度しか乗らないのだけれど、 前払いするとおまけがつき、 しかも深夜に走ると割引になるということで、 そのうち元が取れると踏んで ETC をつけてみました。
最初は近場にあるカー用品店、 「オートテック」 へ出向いてみたのですが、 閉店してしまった模様。 もう、 お店がどこにあったかもわからなかった(笑)。 しかたなくイエローハット 川崎さいわい店へ行きました。 結果的にはこれが正解。 年会費無料のクレジットカード付きポイントカードにその場で入会すれば、 5,000 円キャッシュバックがあったのです。
購入したのは三菱の MOBE-200 という機種。 \13,800- でした。 5,000 円キャッシュバックなら激安!と思ったのですが、 セットアップ手数料 (2,625円) と工賃 (3,150円) が別途かかってしまいました。 なんか、高くない?<工賃。 結局総支払額は、 14,575 円でした。
ETC カードは実はだいぶ前から持っていたため、 早速 ETC 前払い割引サービスで申し込みだけ済ませます。 でも、 なんだか使えるようになるまで手間がかかりますね〜。 郵送で ID とパスワードが送られてきてから、 「前払い」をするんですよね。 ぎりぎり年内間に合うかな?
ちょっと調べてみると、 首都高速ETCモニター料金還元(首都高速道路の利用に係るETC前払割引と併用不可)またはマイレージ割引制度というのもあるらしい。 片方に申し込むともう片方は応募できないらしい。 しかもマイレージ割引の申し込みは、 来年の4月かららしい。 首都高はほとんど使わないから、 マイレージに申し込もうかな。 忘れないようにしないと。
さて、 初 ETC 体験、 今年中にできるでしょうか? あれ? 今ある ETC カードは住友VISAからもらったやつだから、 そのまま使えばカード引き落としになるのかな? う〜ん、 無知な私^^;