鹿児島ラーメン こむらさき

050316_02.jpg
こむらさきと言えばまず熊本のこむらさきを思い出しますが、 全然関係ないのでしょうね。 鹿児島ラーメンのこむらさきです。 こちらは「のり一」とは異なり高価なラーメンです(笑)。 ラーメンが一杯 900 円。 大盛りで 1000 円。 この値段、東京でもなかなかお目にかかれない価格じゃないでしょうか。
こちらも麺を先にゆでてどんぶりに入れた後、 トッピングしてゆきます。 これが鹿児島ラーメンの作り方なんですねぇ。 ふ~ん、って感じ。 二種類のスープを同量どんぶりに入れてました。 この辺に味の秘密があるのかな? しかしどこのお店もお新香が出てくるのは面白いですねぇ。 ラーメンとはあまりあわないと思うのだけれど。 まぁ、 うれしいサービスではあります。 小さいやかん(?) に入ったお茶も供されます。
トッピングは軽くゆでたキャベツがたっぷり。 ねぎとチャーシューに加えシイタケが入ってるところが面白い。 ラーメンにシイタケは始めてかも。 麺は細麺のストレート。 ゆでる際3~4回硬さを確認していた割には茹で過ぎの感あり。 でもスープはおいしい。 非常に上品で素材のうまさを十分に引き出した自然の旨味があります。 バランスの取れたやさしい味という感じでした。 高いだけあるということかな?
ラーメン専門こむらさき

鹿児島ラーメン のり一

050316_01.jpg
鹿児島はいつも夜間作業ばかりなので、 もしかしたら初めて食べるかもしれない鹿児島ラーメンです。 いろいろ調べた末、 第一の候補にしたのは「豚とろラーメン」。 これを目指して店の前まで言ったのですが、 お昼の営業時間が 2 時までらしい。 これは痛い。 天文館と客先のある鴨池とは結構離れているので、 まさかラーメン食べるためだけに抜け出すわけに行かないし。 今回は残念ながらあきらめましょう。
特に目標も定めずふらふら歩いていたら、 その豚とろラーメンのすぐそばに発見したのが「のり一」。 確かこれも調べた中に入っていたはず。 ふらふらっと入店(笑)。 おばちゃん 3 人がやってるラーメンやさんみたいです(一人、 手がぶるぶる震えているおばちゃんがいた。 大丈夫なのかな)。 ここの特徴はなんと言っても価格でしょうか。 ラーメン中が 250 円で大が 300 円。 大が通常の大きさみたいですね。 安いのでもちろん大を注文。 ラーメンが出来上がるまで、 サービスのお新香をぼりぼりやりながら周りを見ていると、 +30 円で特別注文というのができるみたい。 隣の人がそれを頼んでいたようなのでそっと観察してみると、 どうやらモヤシの大盛りバージョンのことなのかなぁ。 それにしても安いです。
作るところを見ていると、 麺が茹で上がったらとりあえず空のどんぶりに麺を入れ、 トッピングをしてからスープを入れているようです。 普通はスープが先ですからねぇ。 これは初めて見ました。 麺は太めで柔らかめです。 もうちっと硬いほうが好み。 スープは透明できれい。
トッピングは香ばしく揚げたねぎと生のねぎ、 モヤシにチャーシューという構成。 シンプルだけど、 揚げたねぎの風味が良い感じです。 スープはちょっと味が濃い目かなぁ。 麺も下のほうはグチュッとくっついちゃってます。 やはりゆですぎ&スープが後入れが原因なのでしょうか。 でも、 この安さでこのボリューム。 びっくりラーメンよりは高いですが、 それよりは満足度は全然高いです。
ウォーカーグルメ — のり一

とんこつラーメン 七志

050308_01.jpg前から気になっていた『七志』 さんへ行ってきました。 とんこつラーメン専門店です。 写真は七志ラーメンの大盛です。 700+100 で 800 円でした。
とんこつベースのこってり系スープに、 油でいためたにんにく&ゴマが乗ってます。 まるで熊本ラーメンのようで結構いい感じ。 具はチャーシュー一枚と海苔、 それに茎わかめに万能ねぎが入っています。 テーブルにはすりゴマと生にんにく(搾り機つき)がありました。 濃縮プーアル茶というのがおいてあって、 お水に注ぐことによって無料でプーアル茶を飲めます。 これはアイデアですね。
ただ、 麺が太すぎます。 食べ終わるまでコシがなくならないのはよいのですが、 ちょっと細めのうどんくらいある麺は苦手。 もうちょっと細いと最高なのですが。
でも、 自分の中ではなかなかいい感じかも。 濃厚とんこつ熊本風は近場になかったので、 ちょっとこれから通いそうです^^;

続きを読む

モッちゃんラーメン

050305_01.jpg最後の熊本ネタです^^
熊本空港にバスで到着した時は、 機内案内が開始されるだろう時間まで 30 分。とりあえずエアポートラウンジで一杯やった後、 そそくさと退出しお土産を物色。 そのときに見つけたのがこの 「モッちゃんラーメン」 です。 『限定』とかの珍しいものはつい欲しくなってしまう私、 もちろん買いです。 一応熊本空港で 1,000 箱限定(あれ、10,000 だったかな。いやそんなに多い訳ないか)とか書いてあったけど本当かな。 3食入りで 千円強でした。 箱も結構凝っていて、 のろしと箸の部分が取っ手になっていて持ち運びやすくなってます。 裏面には「ラーメン刑事(デカ)すごろく」なんというのもありますので、 末永くお楽しみいただけます。
持ってみるとわかるのですが、 これが非常に重い。 家に帰ってふたを開けてみてわかったのですが、 生めんとにんにくラードに加え、 ストレートスープが入っているのです。 これは重いはずだ。 でも濃縮でないところがコダワリを感じさせます。 ただ入っているのはこれのみ。 具材は一切入っていないので、 まだ食べられてません。 さすがに素ラーメンはさびしいですからね~。 週末にでも何か買ってきて作ってみる予定です。
で、 このモッちゃんとは何ぞやといいますと、 くまもと県民テレビのキャスター本橋 馨さんのことらしいです。 このラーメンは彼の担当番組テレビタの企画として生まれたようですね。 この人、 マジで熊本ラーメンが好きらしい^^
ちょっと調べたところ、 「究極のモッちゃんラーメン」 というのもあるそうな。 こちらは具がついてきて、 熊本産豚肉を使ったチャーシューにきくらげ&海苔がついてくるそうです。 こっちが食べたかったかも。 どこで売ってるのかな? 次のチャンスがあれば是非購入したいところです。

味千本店 チャーシュー麺

050303_01.jpg
昨日はラーメン店の貸切という、 東京では考えられない事態に遭遇してしまい食べられなかった熊本ラーメン。 お仕事の合間の夕飯時にリベンジしてきました。
熊本ラーメンのなかではそれほど評価の高くないらしい味千ですが、 久々に食べる本物の熊本ラーメンなので期待は高まります。 オーダーはチャーシュー麺にしました。
く~~、 やっぱりうまいっす。 やっぱりこれが私には一番あってるな~。 一心不乱にいただき、 あっという間に完食。 薄いけど柔らかいチャーシューがおいしかったです。 明日は午前いっぱいまでお仕事の予定。 もう一杯たべられるかな?
味千ラーメン