おいしい立ち食い蕎麦

さすがにこの時期はあんまり足を運ばないのですが、 冬の寒い日なんかに立ち寄ると 「(´▽`) ホッ」 と幸せになれる立ち食い蕎麦屋さん。 今日は、 日本のファーストフード についてちらっと書いてみます。
通勤の途中で行きやすく、 なかなかおいしいのでよく顔を出すのが 「直久 新木場店」。 かけそば 250円。 注文(食券ですが)を受けてから蕎麦を茹で、 冷水でしめてから暖めて出してくれるかけそばです。 この値段でここまでやってくれる店はそうありません。 ネギだけでなくワカメも載っているのがうれしいところ。 ただ難点は汁。 出汁がきいていないことが多く、 しかも醤油がきつい。 まぁ、値段が値段だから許してあげます。
何気に侮れないのが、「小竹林 JR 川崎駅店」 。昔は五反田にもあったんですが、あの悪名高い(?) 「あじさい茶屋」にとって変わられてしまいました。 小竹林は、 そば・うどんともの冷凍麺を使用しているため、 そこそこのレベルを保っています。 とくにうどんがお勧めです。 お蕎麦は冷凍のせいか、 細かく切れてしまったお蕎麦が最後に残ってしまうのがちょっと^^
いまだかつて食べたなかで、 一番おいしいと思った「簡易」お蕎麦屋さんは、 八幡山の 「そば処 吉」。 ここのお店は一口食べて 「(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!」 と思いましたよ。 メッチャおいしかった。 営業時間が変則的で、 朝はすごく早くからやっているのだけれど、 午後の 3 時くらいには閉まってしまうような記憶があります。 近くにお住まいの方は是非一度食べてみて欲しいです。
立ち食いそば紀行 によれば、 八幡山の吉は 10 ポイントでベスト。 私の舌もなかなか捨てたもんじゃないかも^^ このページ、なかなかすごいです。 最寄のおいしい立ち食いそばやさんを探してみてください。

静岡 大盛食い倒れ日帰りツアー

日曜日の朝 8 時。 五反田駅で友人をピックアップして、 東名東京インターを目指します。 今日はわざわざ静岡県までうなぎを食べに行くのです。 以前親戚のおじさんが、 急に鰻が食べたくなりわざわざ車を飛ばして浜松まで行ってうなぎを食べたという自慢話を聞いて、 「ばっかなことやってるなぁ」 などと思っていたのですが、 まさかそれを自分がやるとは^^;
040808_2.jpg
富士川 SA で他のメンバーと待ち合わせ。 東名では軽く渋滞に巻き込まれましたが、 ほぼ予定通り 10 時半には到着できました。 総勢 7 名でうなぎやさんへ突入です。
今回お伺いするのは、 「石橋うなぎ店」 さんです。 11 時半前にお店に到着。 すでに満員です。 予約を入れていたはずなのに、店の人曰く 「そんな状況じゃなくなっちゃったので、先にお客さんいれちゃいました」。 え? じゃあ、何のための予約なの?(爆)

040808_1.jpg石橋はうなぎ専門店で、メニューは基本的に 「定食 2350円」 のみです。 写真をごらんあれ。 頭から尻尾まで、 まるまる一匹出てきます。 圧巻。
このお店は、 蒸さずに焼く関西風です。 わっぱに入ったご飯に香の物、肝吸いがついてきます。 うなぎはもちろんおいしいのですが、 皮がぱりぱりしていて最高。 そしてご飯も熱々ですごく美味。 みんな食べる事に集中して、 ほとんど無言だったのがおかしかった。
私的にはタレが濃すぎる、というかくどかったです。 ご飯がおいしく最初に食べ過ぎてしまったのが敗因かなぁ。 いや、 うなぎの量が多すぎるからか(笑)。 でも、みんな完食してました。 たいしたもんだ。
続いて訪れたのが、焼津さかなセンター。 まぐろをはじめさまざまな魚介類を販売しています。 安いのかどうかは良くわかりませんでしたが、 やはりまぐろはおいしそう。 本当はお寿司でもちょっとつまみたいところなのですが、 なにせうなぎを食べた直後。 ちときつい。 お土産にミニかまぼこを購入。 ちゃんと板の上にのっているのだけれど、 一口で食べられるようなサイズのかまぼこが 20 個くらい入っていて 500 円くらいだったかな? 明日のおつまみに最適。
今回のツアーの主催者は何か企みがあるらしく、 なかなか次の場所に案内してくれません。 事前にリークされた情報によると、 おいしいプリンが食べられるのだとか。 もうちょっと腹ごなしをしようということで、 ボーリングをすることになりました。 私にとっては約 10 年ぶりのボーリングです。 もう投げ方を忘れてしまいましたw
一応みんなで 2 ゲームをしたのですが、 もうボロボロでした。 普段運動というものをしないため、 3 フレームも投げると疲れてしまい、 球を思うようにコントロールできません。 なんか、 仲間内で微妙にボーリングブームが高まっているようなので、 次に備えてちょっと鍛えないと^^
040808_3.jpg15 時過ぎになって、 やっとデザートにたどり着けるようです。 行ったお店は同じく焼津の喫茶店、 「カントリーロード」。 前提知識のない幹事以外のメンバーは、 最初なんでこんなお店に連れてこられたかよくわからなかったのですが、 メニューを見て激しく納得。 なんと巨大パフェが食べられるお店だったのです。
注文したのは、 7 人用の 「月世界」 7,000円 にバケツプリンを二つトッピングしてます。 写真を見ても大きさがなかなか伝わらないと思いますが、 後ろの人や左下のタバコからサイズを類推してください。 全体の大きさ、そして乗っている二つの巨大なプリンの存在感が想像がつくでしょうか。 そしてこれらの下には、 思い返すだけでも寒気がするような量のアイスクリームやシャーベットが隠されているのです。 私はプリンとアイスをちょっといただいただけなんですけど、 残りの方たちでまさか全部食べるとは思いませんでした。 こいつら、 只者じゃありません。
このお店、 パフェだけでなくトーストやカキ氷も超巨大なようです。 お近くにお住まいの方は是非一度経験するべきですね。 私たちが店にいる間、 カップルでカキ氷を頼んでいたのが 2 組ばかりありましたが、 共に完食できないで残してました。(笑)
思いのほか長い時間をこの喫茶店で過ごしてしまいました。 帰路に着いたのは 17 時過ぎ。 帰りは東名の 30 km 渋滞にはまってしまい、結構大変。 友人に武蔵小杉で別れを告げ、 自宅に戻ってきたのは 22 時過ぎでした。 シャワーを浴びた後のビールがなんとうまいことか。 ふぅ。 でも、 なかなか普段経験できないことができて、 楽しい週末でした。
本日の走行距離: 約 420 km
燃費: 16.2 km/l
うなぎのいし橋(アットエス)
焼津 さかなセンター

続きを読む

小春軒と柳家

昨日に続いて人形町です。 会社から結構高いお金を払ってもらって受けている講習会なので、 つまらないなどといったら怒られるのでしょうが、 決して楽しい訳ではありません。 唯一の気晴らしがお食事ということで、 今日は老舗の洋食屋さん、 『小春軒』 さんへ行ってまいりました。
本当は今半へ行きたかったんですよ。 やはり人形町といえば、今半ですからね〜。 前回 (と言っても初めて行ったのです。もう大分昔のことです。) は無料お食事券をいただいたので、 懐を痛めることなくお食事を堪能できてすごく幸せでした。 なかなか行く機会がない人形町。 この機会にもう一度とは思ったのですが、 ランチの最安値が ポークソテー定食の \1,722 。 せっかく今半にいくのなら、 すき焼御膳 (\2,625) くらいは食べたいのですが、 いかんせんこの不景気です。 そうそうお昼ご飯にお金をかけていられません。 残念ながら今回は見送ることにしました。
で、 小春軒です。 こちらも歴史はあるのですが、 お手ごろ価格で気楽に食べられるのが魅力です。 今回はメンチカツライス(\750) に 追加のコロッケ (\150) を注文。 周りを見ると、 特製盛り合わせライス (\1,300) を注文する男性が多いです。 女性は、 オムレツ (ライス付きで \750) が多いみたい。 どちらもおいしそうです。
さて、メンチカツが届きました。 箸で割ろうとすると、 思いのほかやわらかい。でも周りはカリッとしていて、 口に入れると熱々です。 んまい! コロッケもちょっと小ぶりですが、 これまたおいしい。 しかもこの値段ですから大満足です。 椀は付いてこないので、 どうしても汁が欲しい人は、 シジミ汁 (たしか \200 ) を別途頼みましょう。 特製盛り合わせは見た目は結構多そうなのですが、 おいしい&一緒についてくるご飯が少なめ(?)なので、 女性でもペロっといけそうです。 是非お試しください。
040724.jpg一応今日が人形町最後の日ということで、 お土産を買うことに。 人形町といえばやはり人形焼きが有名ですが、 今日はたい焼きを買うことにしました。 なんでも、 「鯛焼き御三家」 のひとつに数えられていて結構有名なお店、 『柳家』 さんで購入することに。 こちらのお店も、 いつ前を通ってもお客さんが何人も並んでいるようなお店です。 講習会の帰りに寄ったら、 たまたますぐ購入できました。 しかも焼きたて。 ひとつ 130 円です。 その場で食べるのが一番おいしかったのでしょうが、 一応自宅まで持ち帰りました。 自宅で取ったのがこの写真。 早速いただきます。 皮は薄くモチモチ感があります。 しっぽまでたっぷりと甘さ控えめのつぶあんが入って満足度高いです。 あっという間に食べ終えちゃいました。 あまり甘いものは食べない私 (しかもつぶあんが嫌いでこしあん派) でも、ぺろりと食べてしまいました。 もっと買ってくれば良かったかも。
小春軒も柳家もホームページがないので、今半だけ^^
人形町 今半

御鷹匠仕事 玉ひで

22 日は一月ぶりの研修で、 再び日本橋人形町へ。 ちょっと体調が悪かったのですが、 せっかくだからということで 『玉ひで』 さんへ。 創業宝暦十年 (1760) というすごい歴史のある軍鶏料理のお店です。 また、 親子丼発祥の店としても有名です。 今回お伺いしたのはランチタイムなので、もちろん親子丼をいただきます。
12 時ちょっと前に店の前に着いたのですが、 すでに行列ができていたので最後尾に並びます。 結構回転は速いので、 15 分も待たずに玄関の中へ。 さらにここで椅子に座らされて 5 分。 下足番の方へ靴を預けてから食券を購入します。 今日は 『元祖親子丼』 1,300 円を選択。 軍鶏の肉を使った親子丼で、 「元祖完全復刻版、明治がしのばれる一品」だそうです。 ちょっと高いなぁとお思いの方は、 800 円で 『とく親子丼』 が頂けます。 ただ、 普通の鶏を使っていて 11:30〜13:00 までの時間限定なのでご注意を。
040723.jpg行列のできる人気店ですから、 もちろん相席です。 席に着くと、お絞りと一緒に お茶と鶏のスープが出てきます。 このスープ、 なかなかコクがあっておいしいです。 ほとんど待たされることなく親子丼が到着。 さすが食券制をとっているだけはあります。(笑) さて注目の親子丼ですよ。 ふたを取ると、 半熟よりもちょっと生に近いとじ具合の玉子が、すごくおいしそう〜。 早速一口いただきましょう。 割下はちょっと濃い目なんでしょうか。 少し固めのご飯に程よく絡み、 その上にとろけるような玉子。 (゜∇^d) グッ!! もう至福の時ですなぁ。 軍鶏のお肉は結構歯ごたえのシッカリしたお肉で、 これもなかなか良い感じですよ。
ただ残念なのは、 普段親子丼をほとんど食べたことがないため、 普通のお店とどのくらい違うものなのかが比較できないことくらいです。 せめて、 500 円安い 『とく親子丼』 と比べてみたかったな。 まぁ、 おいしかったからいいか ^^
玉ひで

元祖とろカツカレー

川崎のドンキホーテの入っている、 「パウかわさき」 に行ってきました。 マウンテンバイクがいくらくらいで買えるかを調査しに行っただけなのですが、 ドンキのパワーはすごいです。 結局、 激安だったブラックコーヒーのペットボトル(900ml が 99円)やサンダル、 歯ブラシ、 洗剤などなどを購入したりして、 楽しいひと時を過ごさせていただきました。
おなかが減ったので何か食べようということになり、 飲食店コーナーに行ってみると、 カレーを扱う新しいお店ができていたので早速入ってみます。 「元祖 とろカツカレーの店」 と謳っているお店です。 あ、 これが店名なのかな? もちろん注文したのは、 「とろカツカレー」 750円也。
厚さ 2cm くらいの結構厚いカツのフライが載っています(イメージ写真は、 下記リンク「元祖とろカツカレーの店」をご覧あれ)。 スプーンで押し切るだけで簡単に切れちゃうくらいやわらかい。 でも、 「ばかばか.net」 さんのいうように、 肉汁はまったく出てきませんでした。 逆にパサツキ気味。 これはお店の違いなのかなぁ。 まぁ、 揚げてからだいぶたったような感じでしたが。 カレーはちょっと辛めで、 普通盛りでも結構な分量があります。 女性&小食な男性は、 2/3 盛りの選択ができるので、 そちらのほうがよいかも。 らっきょうが有料 (50円 で大さじ3杯) だったのがちと残念。
「とろカツ3本のせカレー」 というのがありまして、 ライスが 1kg、 通常は 1 本しか載っていないとろカツが 3 本 も載って、 なんと超お得の \1,650- というメニューもあります。 これは圧巻。 ぜひ誰かが食べるところを見てみたいです。 これを 15 分で食べると無料になるという情報が御茶ノ水にあるようですが、 川崎では未確認です。 チャレンジされる方は、 確認のうえどうぞ。
写真も撮ってきたのですが、 あまりに写りが悪いので、 載せないことにしました^^;
元祖とろカツカレーの店
ばかばか.net 伽哩ばか三級 元祖とろカツカレーの店 下町カレー定食亭