御鷹匠仕事 玉ひで

22 日は一月ぶりの研修で、 再び日本橋人形町へ。 ちょっと体調が悪かったのですが、 せっかくだからということで 『玉ひで』 さんへ。 創業宝暦十年 (1760) というすごい歴史のある軍鶏料理のお店です。 また、 親子丼発祥の店としても有名です。 今回お伺いしたのはランチタイムなので、もちろん親子丼をいただきます。
12 時ちょっと前に店の前に着いたのですが、 すでに行列ができていたので最後尾に並びます。 結構回転は速いので、 15 分も待たずに玄関の中へ。 さらにここで椅子に座らされて 5 分。 下足番の方へ靴を預けてから食券を購入します。 今日は 『元祖親子丼』 1,300 円を選択。 軍鶏の肉を使った親子丼で、 「元祖完全復刻版、明治がしのばれる一品」だそうです。 ちょっと高いなぁとお思いの方は、 800 円で 『とく親子丼』 が頂けます。 ただ、 普通の鶏を使っていて 11:30〜13:00 までの時間限定なのでご注意を。
040723.jpg行列のできる人気店ですから、 もちろん相席です。 席に着くと、お絞りと一緒に お茶と鶏のスープが出てきます。 このスープ、 なかなかコクがあっておいしいです。 ほとんど待たされることなく親子丼が到着。 さすが食券制をとっているだけはあります。(笑) さて注目の親子丼ですよ。 ふたを取ると、 半熟よりもちょっと生に近いとじ具合の玉子が、すごくおいしそう〜。 早速一口いただきましょう。 割下はちょっと濃い目なんでしょうか。 少し固めのご飯に程よく絡み、 その上にとろけるような玉子。 (゜∇^d) グッ!! もう至福の時ですなぁ。 軍鶏のお肉は結構歯ごたえのシッカリしたお肉で、 これもなかなか良い感じですよ。
ただ残念なのは、 普段親子丼をほとんど食べたことがないため、 普通のお店とどのくらい違うものなのかが比較できないことくらいです。 せめて、 500 円安い 『とく親子丼』 と比べてみたかったな。 まぁ、 おいしかったからいいか ^^
玉ひで

元祖とろカツカレー

川崎のドンキホーテの入っている、 「パウかわさき」 に行ってきました。 マウンテンバイクがいくらくらいで買えるかを調査しに行っただけなのですが、 ドンキのパワーはすごいです。 結局、 激安だったブラックコーヒーのペットボトル(900ml が 99円)やサンダル、 歯ブラシ、 洗剤などなどを購入したりして、 楽しいひと時を過ごさせていただきました。
おなかが減ったので何か食べようということになり、 飲食店コーナーに行ってみると、 カレーを扱う新しいお店ができていたので早速入ってみます。 「元祖 とろカツカレーの店」 と謳っているお店です。 あ、 これが店名なのかな? もちろん注文したのは、 「とろカツカレー」 750円也。
厚さ 2cm くらいの結構厚いカツのフライが載っています(イメージ写真は、 下記リンク「元祖とろカツカレーの店」をご覧あれ)。 スプーンで押し切るだけで簡単に切れちゃうくらいやわらかい。 でも、 「ばかばか.net」 さんのいうように、 肉汁はまったく出てきませんでした。 逆にパサツキ気味。 これはお店の違いなのかなぁ。 まぁ、 揚げてからだいぶたったような感じでしたが。 カレーはちょっと辛めで、 普通盛りでも結構な分量があります。 女性&小食な男性は、 2/3 盛りの選択ができるので、 そちらのほうがよいかも。 らっきょうが有料 (50円 で大さじ3杯) だったのがちと残念。
「とろカツ3本のせカレー」 というのがありまして、 ライスが 1kg、 通常は 1 本しか載っていないとろカツが 3 本 も載って、 なんと超お得の \1,650- というメニューもあります。 これは圧巻。 ぜひ誰かが食べるところを見てみたいです。 これを 15 分で食べると無料になるという情報が御茶ノ水にあるようですが、 川崎では未確認です。 チャレンジされる方は、 確認のうえどうぞ。
写真も撮ってきたのですが、 あまりに写りが悪いので、 載せないことにしました^^;
元祖とろカツカレーの店
ばかばか.net 伽哩ばか三級 元祖とろカツカレーの店 下町カレー定食亭

鳥良 川崎チネチッタ店

イタリアの町並みを再現した川崎のおしゃれな名所、 「ラ チッタデッラ」 の中にある、 「鳥良 川崎チネチッタ通り店」 に、 先日行ってきました。 と言っても大分前のことなので、 どんなメニューがあって何を食べたかなんていうことは、 すっかり忘れてしまってます。 できたばかりのお店なのできれいだし、 お料理も見た目も味もなかなか。 特に、 手羽先唐揚はうまかったですよぉ。
そのとき何を考えていたのかもう定かではないのですが、 鳥良の後につづけて 「世界の山ちゃん川崎仲見世店」 へ。 なんと、 名古屋の手羽先店のはしごです。 (爆) バカだねぇ。 実はこちらの手羽先をすごく期待していたのですが、 鳥良の方がうまく感じましたよ。 きっとおなかがいっぱいだったせいなんだろうなぁ。 次回山ちゃんにいつ行くか画策中です。
鳥良
世界の山ちゃん

矢場とん

Jun25_1014.jpg味噌かつの「矢場とん」銀座店に行ってきました。
味噌かつといえば、 いわずと知れた名古屋名物のひとつ。 味噌煮込みうどん、 きしめん、 あんかけスパ、 手羽先、 ういろうなどなど。 独自の食文化を形成する名古屋ですが、 それらの名物の中でも、 一際光耀いているのがこの味噌かつのような気がします。
今回はじめての矢場とんということで、 代表的なメニューである「わらじとんかつ」を撰択。 通常は普通サイズのトンカツは、 ソースか味噌の二社撰択らしいのですが、 わらじはサイズが大きいため半々ができるということで、 迷わずにそれを撰択。 写真の手前がソース、 向こう側が味噌ですね。 たしかにデカい。 カツの横幅は、 だいたい25cmくらいでしょうか? たたいて大きくしているため、 肉の厚さはそれほどありません。 吉野家のソースかつ丼の方が厚いくらいですが、 色がうっすらピンク色で、 いかにも美味しそう。 実際美味しいです^^
ただ残念なのが、 店員の接客でしょうか。 席についてもお茶もなかなかでてこない、 メニューがでてこない(結局みれなかった)、 料理がでて来て「ごゆっくり召しあがれ」と言われたときに箸がでてなかったり。 ちょっと御粗末すぎました。 最近は、 こんなことで腹をたてていては外食できませんので、 文句言ったりはしませんでしたが、 そこそこいいお値段なのですからもうちょっと何とかして欲しいものです。 味的には美味しいと思うので、 東京在住で味噌カツ未経験のかた、 是非一度ここでチャレンジしてみて下さい。
矢場とん

キタグリル

Jun17_1117.JPG最後の大阪ねたです。 17日のお昼は、 大阪大丸のキタグリルで。
たまたま朝のローカル情報番組で、 このキタグリルが紹介されていました。 なんと、 先着50名様限定に、 通常1000円以上するランチを525円で提供してくれるとか。 早速行ってきました。
いくつか種類があったのですが、 私はおそらく一番人気だろうハンバーグを選択。 ソースはデミグラス。 ランチセットの内容は、 竹の子、 レンコン、 ブロッコリーが入ったサラダ、 かぼちゃのポタージュスープ、 ハンバーグステーキと、 パンでした。 ハンバーグは、 非常に粗挽きのお肉を使っている為、 なかなか歯ごたえがあっておいしゅうございました。 この値段で提供してくれるのは今日だけらしいので、 すごくラッキーでした。
P.S. 食べ物の話題が多いので、 新しく「飲食三昧」っていうカテゴリーを新設してみました。