郷土料理海の幸山の幸 びびんや

今日は一日宮崎観光の日。 朝からレンタカーを借りて、 都井岬を目指します。 道中で、 青島神社&鬼の洗濯板鵜戸神宮へ参拝しました。 ともになかなかのパワースポットという感じ。 さっと見るだけのつもりだったのですが、 意外にゆっくりしてしまいました。
ちょうど 12 時になったくらいに油津漁港を通過。 ここでお昼を食べていくことにしましょう。
メニューが豊富で結構悩みましたが、 昨日は鶏肉をたらふく食べたし、 今日の夜はチキン南蛮を食べる予定なのでお魚にしましょう。 焼き魚(アジ)のセット、 1,600 円をお願いします!
びびんや
アジが予想より大きい。 肉じゃないのでこんな表現はおかしいのかもしれませんが、 すごくジューシー。 脂がのってるんでしょうね。 これにお刺身とおうどんまでついてて、 ボリューム満点です。
今回は注文できなかったのですが、 魚うどんというメニューもありました。 これは今度食べてみたいなぁ。
グルメWalker九州

一ツ葉 宮崎本店

今回宿泊することになったのは、 宮崎観光ホテルさん。 地元では「宮観」と呼ばれているらしい (URLも miyakan なのね)^^。
朝食のみのプランなので、 夕食は近場で済ますことにしましょう。 一人旅の時はいつもそうなのですが、 全然下調べせずに勘だけでお店を選びます。 こう見えてもこんな店選びをしても、 滅多に失敗しないのが自慢です^^。
今回は、 ホテルのそばの 「一ツ葉 宮崎本店」 に行ってみます。
入店は 18時くらい。 本日最初の客が私みたい。 だれやみセット(エビス生+焼きもの一品) 1,050 円を選択。 いくつかから選べる鶏肉料理。 どれにしようか店長さんに聞いてみたら、 コロ焼きなら親鳥が旨味が強くてよいということでそれにしてみました!
一ツ葉宮崎本店のコロ焼き
このお料理、 見た目は全然飾り気がありませんが、 美味しすぎ~。 歯ごたえがあって噛めば噛むほど旨味が出てくる感じです。 ビールがついてこのお値段、 超お得ですね。
今回の宮崎旅行、 事前に何も決めてこず、 レンタカーだけ借りる手配をしてました。 どこか良い観光ルートがないかとマスターに相談したら、 いろいろ興味深いお話をしていただけまして、 非常に有意義でした。 宮崎が神話のふるさとだとはしりませんでしたよ。 明日は都井岬に行くことにしましょう^^。
その後常連さんが何人かいらっしゃいまして、 いろいろ楽しい時間を過ごすことができました。 キープしてあるお酒を分けてもらったり、 注文したお料理をつつかせていただいたり。 なんか、 いい人ばかり。 気づいたら、 時計の針は午前二時を指していました(笑)。
今年中にもう一度再訪したいと思ってます!
一ツ葉 宮崎本店

居酒屋せいご@山形鶴岡

シルバーウィーク旅行二日目、 9月21日の晩のことでございます。
実は、 鶴岡に来るのは今年二度目となります。 今回は、お友達の oja さんに会うのが目的なのですよ^^。
18 時半に鶴岡駅前で待ち合わせ。当初は駅前の「庄や」に行く手はずになっておりました。 そう、 「よろこんで~」の庄やさんです。 このお店、 チェーン店でありながら、 山形名物である「いも煮」などが出してくれるらしいんです。 全国どこに行っても同じものしか食べられないチェーン店の居酒屋と違って、 こういう独自色があるというのはすごく良いことだと思います、はい。
ところがシルバーウィークの影響なのでしょう。 満席で入れません。 う~ん、これは予定外。 まさか予約が必要だったとはねぇ。 でもまぁ仕方ありません。 次のお店を探しましょう。 駅前には数は多くないようですが何軒かお店もある模様です。 どうせならということで、 地元の人しか行かなそうな、 比較的駅に近い『せいご』さんに行きました。
入店時はカウンターに三人のお客さん。 私たち二人もカウンターの端っこを陣取ることにしました。 念願のいも煮などを食べ、ビールを戴きながらヨモヤマ話をしている間にも次から次へとお客さんが増えていき、あっと言う間にカウンターは満席に。 もうちょっと遅かったら入れなかったかも。 ヤバいヤバい。 鶴岡、 侮るなかれw
山形いも煮
いも煮はなかなか大きいどんぶりの中に、 イモはもちろん野菜や厚揚げが盛りだくさん入っています。 しかも豚肉まで入っているのですね。 結構満足な一品です。
カウンターの隣に後から来た男女お二人も観光客の模様(女性が美しい)。 そのさらに向こうにいる地元のお二方(私たちが入る前からいらっしゃいました。こちらも美人)と楽しそうに会話している内容から、 群馬から来ているようですよ。 あ、 別にず~っと隣の席のお話に耳をそばだてているわけではなく、 聞こえてきちゃうんです。 声も大きかったし~^^;
しかし、 地元の方の方言を聞くのは、なんか良いですね~。 旅をしているぞ~という気分にさせてくれます。 特に北のほうの言葉は普段耳慣れないので新鮮でもあります。
そのうち群馬二人組みのうちの男性がお店を出て行ってしまいました。 しばらくすると日本酒の一升瓶を片手に戻ってくるじゃありませんか! なんだなんだどうしたんだと思っていたら、 群馬二人組みの女性の方が本日お誕生日なんだとか。 これはめでたい! 「この年になると誰も祝ってくれないのよね~。だから自分から手土産を持ち込んで祝ってもらうんです! さぁみんなで乾杯しましょ!」 ふむ~、 なるほどぉw。 なんかステキです^^
そのときにカウンターに座っていた全員で乾杯させていただきました。 居酒屋にもかかわらず、 お酒の持込を許可していただいたマスター、 ありがとうございます! 戴いたお酒は群馬の銘酒「赤城山」。 これぞ辛口淡麗という味、 喉ごしがよくスッといけちゃいます。
その後は日本酒を飲みながら、 マスターも含めて歓談w。 なんとマスターはお酒が飲めないんだそうで。 これは意外です(し、しつれいしました)。 楽しいひと時を過ごさせていただきました。 鶴岡再訪の際には、 また是非伺いたいと思います。
群馬二人組みは、 翌朝に月山登頂を目指すということで、 早めにお引き上げになりました。 お酒は置いていくということなので、 瓶ごとありがたく頂戴させていただいた次第です。 多謝。 自宅に持ち帰って、 冷やして戴くことにしますね~
一応私も翌朝は月山へ車で行けるところまで行くと宣言してしまった手前、 がんばって早起きをして行ってきました。 残念ながらあいにくの雨の中、 8合目まで車で行ってきたのですが、 上も下も白く煙っていてよく見えず^^;。 登山口の看板と周りの若干紅葉している木々の写真を撮って下山することにしました。 ごめんなさい、 私、 雨男だったのを忘れていました^^;;;
月山8合目
(後ほどみんなで撮った記念写真が手に入り次第掲載予定なのです~)
 
居酒屋せいご
住所 : 山形県鶴岡市末広町6−50
電話番号 : 0235-25-0651

大きな地図で見る

一寸亭本店の肉そば

一寸亭本店肉そば
旅行の最終日、 山形の谷地を車で走っているとき、 目についたおそば屋さんに入ってみました。 11時開店の10分前に駐車場に入ったのですが、 すでに5人くらいの行列ができています。 私も並んで待っていると次から次へとお客さんが。 開店直前には30人以上が並んでいます。 すごい人気だ~。 開店と同時に満員御礼w
どうやらこの近辺では「肉そば」というのが名物らしい。 後から知ったのですが、 「冷たい肉そば」 が名物なんですって。 前提知識が全くないワタシは、 何となく涼しい日だったので温かい肉そばを注文しちゃいました。 650円。
お蕎麦は黒い田舎そばという感じ。 上に鶏肉が載っているのですが、 何となく盛り方が雑w。まぁいいかぁ。 ツユは透き通っていてキレイです。 一口飲んでみて、 その甘さにビックリ! 七味を入れるとピリリとしてちょうど良い感じ。 美味しく戴きました! 機会があれば、 冷たいおそばも食べてみましょ。
一寸亭本店(ちょっとていほんてん)
山形県西村山郡河北町谷地所岡2-11-2
0237-72-3733
営業時間:11:00~19:00(平日は15:00~17:00は休憩)
定休日:水曜

大きな地図で見る

岩船漁港 漁師丼

旅行二日目です。 今日は新潟から鶴岡へ移動します。 もちろんその間はノープラン。 いつも通り行き当たりばったりです^^。
岩船神社
ホテルで朝食をあえて食べずに出発。
途中の村上市で「岩船神社」を見かけ、 何となく気になって参拝しました。 なかなか大きくて歴史のありそうな本殿が印象的。
久々におみくじを引いてみたら 『中吉』。 気になる縁談は、「初めは破れますが、後で人の助けがあってまとまります」。 そろそろ良いことがありますように~w。
岩船漁港 漁師丼
神社に車を置いたまま、 小さい漁村という感じの岩船の街をふらふらと歩いてみました。
岩船港直売所内の漁師食堂でお食事ができるみたい。 朝食ということで 『漁師丼』を戴きます。 1,050円也。
見た目はいまいちですが、鮮度はバツグンです!

大きな地図で見る