Catch Notes が同期されない?

iPod Touch で便利に使っている Catch Notes。 テキスト、 画像、 音声などが扱えるクラウド対応ノートアプリです。 オフラインでも使えるので、 iPod Touch では非常に重宝してました。

つい最近気づいたのですが、 iPod Touch で編集したノートが同期されてないことが判明。 catch.com から編集したノートも iPod Touch に同期されないみたいです。 これじゃただのノートアプリじゃん(笑)。 いつからこの状態だったんだろう。 iOS5 に上げてから?

というわけで、 復活の方法は・・・ 続きを読む

Try WiMAX レンタル

先週末、 ラゾーナ川崎のビックカメラで、 Try WiMAX レンタルを申し込み、 その場で端末をレンタルしてきました。 15日間借りられるのですが、 本日(1週間借りただけで)返却してきてしまいました。
私が WiMAX を利用したいシチュエーションは、 客先での作業室&マシン室のみ。 自宅や会社でも使えたらそれなりに便利ですけど、 ともにインターネットへのアクセス手段が確保されているため必須ではありません。
今回お借りしたのは、 UD01SS という USB タイプ。 使用した PC はともにノートで、 会社支給の Windows XP と、 自前の Windows 7 64ビットです。 会社 PC はセキュリティが厳しすぎて、 認識すらちゃんとしませんでした。 Win7 のほうは無事にインストールできたのですが、 サスペンドしたつもりだったのに、 気づいたら再起動していたというのが2度ほどありました。 こんなことは今までなかったのですが、 WiMAX のドライバーが原因かどうかは不明です。
今回は、 自宅、 会社、 出張先で試してみました。
まず、 自宅と会社。 これが全然使えません。 自宅は au 以外のキャリアはほとんど使えないので諦めていたのですが、 思った通りの結果でした。 会社は海に面したビルのため、 これまた予想通りに電波は微弱。 状況からしてしかたないでしょう。 気にしないことにします。
さて、 問題の出張先。 今回は徳島のお客さんのところだったのですが。
窓のある小部屋で使ってみたのですが、 う~ん、微弱です。 さらに内部の窓のない部屋に行くと、 全く不通。 徳島に限らず、 客先ではマシン室にこもることが多い私。 基本窓がない部屋にばかりいるので、 これでは使えませんね。 残念です。
参考までに、 出張先のホテルで使ってみたところ、 こちらはすこぶる快調。 某速度計測サイトで 5M超を記録しました。 どこでもこのくらいの速度で繋がってくれたら、 即契約するんですけどねぇ。
ということで、 今度の契約は保留。 もう少し使えるようになったら再考してみます。
と、 ここまで書いたら、 後輩から電話が。 こちらも UQ WiMAX と イーモバイルで悩んでいるらしい。 イーモバイルを勧めておきました^^

インターネット・ラジオ

相変わらず眠いのに眠れない日々が続いております^^
今日は少し気分を変えようと、 枕元にあるノートPCでバロック音楽を流しながら寝てみようかと。
今聞いているのは、 1.FMOtto’s Baroque Musick。 途中でお話(もちろん英語です)が入りますが、 無料で聞けるのでまぁいいかな? Windows だと、 Winamp や Windows Media Player のそれっぽいアイコンをクリックするだけで聴取できます。
私は、 Linux(Linux Mint 7)の Rhythmbox というソフトを使って聞いております。 1.FM の聞きたいチャンネルで、 Windows Media Player 128K のアイコンを右クリックしてリンク先を保存。 Rhythmbox のラジオを右クリックして、「新しいインターネット・ラジオ局」 で URL にコピーしたリンクをペーストするだけでOK。 簡単です。 これ以外にも、 SHOUTcast Radio から検索できる多くのラジオ局が、 Rhythmbox で聴取可能です。
驚いたのは、 FM波で放送している J-WAVE がほぼリアルタイムに聞けちゃうこと。 J-WAVE は昔からインターネット・ラジオ専門局を持ってますが、 なんと普通に放送しているFM波と同じ内容が聞けちゃうチャンネルがあるんですね。 著作権的に良いのか悪いのかわかりませんが、 FMがほとんど届かない私の自宅の部屋では、 すごくうれしい発見です。 (SHOUTcast Radioで検索すればすぐ見つかります^^)
さてと〜。 今日は早く寝られますように!

Lightning と POsync

いくつかある無料のメールソフトの中から Mozilla Thunderbird を選んだのは、 Firefox と同じようにアドオンで機能追加できるから。 その中で前から是非使ってみたくて、 実際使ってみると手放せなくなってしまったのが、 Lightning (+ Provider for Google Calendar) です。
Lightning というアドオンは、 Thunderbird にスケジュール管理機能、 ToDo 機能を追加してくれます。 これだけでも十分すばらしいのですが、 これに Provider for Google Calendar もインストールすると、 Google カレンダーと同期できちゃうのです(ToDo 機能はGoogleにないので同期できません)。 これが限りなく便利なのです。 オススメです!
以前からずっと Google カレンダーでスケジュール管理してました。 Ajax を使った非常に使いやすいスケジュールソフトで、 これが無料で使えるなんてホントよい世の中になったものです。 さらに、 POsync を Ad[es] にインストールし、 Google カレンダーの情報を外出先でも簡単にアクセスするようにしてました。
あえて不便だなというところを挙げるとすれば、 会社で使用中は常にカレンダーをブラウザで開いておかなくちゃいけないくらいでしたね。 これが Lightning を入れることで不要になり、 常に起動しているメールソフトだけでスケジュールの作成・確認ができちゃうのだからサイコーです。
ところが、 数日前から POsync がうまく動かなくなってしまってました。 いろいろ調べてみたところ、 Lightning から繰り返し予定を(Google カレンダーに)作成すると、 POsync でうまく取り込めないらしい。 繰り返し予定を作成するときのみ、 Google カレンダーから操作すればよいみたいです。 よかったよかった。

秀丸メールからThunderbirdへメールデータの移行

最近、 会社パソコンの管理が異常に厳しく、 HDD を暗号化してる上にファイル暗号化ソフトを入れ、 しかも漏洩防止対策として USB や PC カードも原則使えなくなってます。 そして、 個人で購入したシェアウェアや許可されていないフリーウェアのインストールも禁止されています。
長らく愛用していた秀丸メールなんですが、 一応シェアウェアです。 秀丸メールは会社的に使っていいことになっているのですが、 秀丸メールはなんかダメみたい。 しかも上記のファイル暗号化ソフトと相性が悪いため、 思い切ってフリーで会社から使用許可されているメールソフト、 「Thunderbird」 への乗換えを敢行いたしました。
まずは、メールデータを移行しなくちゃいけません。 すんなり行かないのでとりあえず手順をまとめてみました。 なお、下記は私がやった手順であって、すべての方に当てはまるものではない可能性があります。 メールが消えちゃっても責任は取れませんので、ご注意ください。
【秀丸メールからメールをエクスポート】
まずは秀丸メールから過去メールを抜き出します。メールフォルダ単位でエクスポートします。メールフォルダ内の全メールを選択した後、「ファイル(F)」-「エクスポート(E)…」を選んで「メールのエクスポート」画面を表示させます。
ここで、形式(K)は 「UNIX MBOX形式(「From」区切り)」を選びます。
オプションとして、次のチェックをします。
・現在のメール(でコードされた形の物)をエクスポートする(C)
・エンコードする(E)
・添付ファイルも出力する(A)
・自動折り返し部分に改行を入れる(M) これはお好みで?
・utf-8文字コードで出力する(U)
次へを押してエクスポート先ファイルの指定を行います。メールフォルダ名にしておくのが良いでしょう。指定したフォルダに、 メールフォルダ名.txt という名前でエクスポートされます。
なお、移行後のことを考え、送信済みメールに関しては、「Sent.txt」 という名前で作成しておきましょう。
【拡張子の削除】
エクスポートしたファイルは拡張子が .txt になっているため、これを削除します。つまり、「メールフォルダ名.txt」というファイル名を「メールフォルダ名」に変更してあげましょう。
拡張子が非表示になっている方は、Explorer の「ツール(T)」-「フォルダ オプション(O)…」の表示タブをクリックし、 「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずします。
【Thunderbird のインストール】
割愛w
一度起動してアカウント情報を設定し、すぐに Thunderbird を終了します。(メールは受信しないようにしてください)
【Mail フォルダの移動と設定変更】
これは必要な方のみ。私はCドライブにメールデータを置きたくないので、保存フォルダを変更します。
標準では送受信のメールは、下記に保存されます。(usernameやxxxx部分は環境によって変わります。)
C:\Documents and Settings\username\Application Data\Thunderbird\Profiles\xxxx.default\Mail
このMail フォルダを別のところへコピーします。 私は、D:\Data\Thunderbird\Mail に変更しました。コピー後に Thunderbird を起動し(ここでもメールは受信しないでね)、フォルダの設定変更を行います。
「ツール(T)」-「アカウント設定(C)…」で、サーバ設定の「メッセージの保存先(L)」は、「D:\Data\THunderbird\Mail\サーバ名」(サーバ名は環境によって変わります)に、 送信(SMTP)サーバの「メッセージの保存先(L)は、「D:\Data\THunderbird\Mail\Local Folders」と設定します。設定したら再び Thunderbird を終了します。
【メールデータの移行】
次に、秀丸メールでエクスポートして拡張子を取ったファイルを、 メッセージの保存先のローカルフォルダ(Mail フォルダを変更したので、私の場合は「D:\Data\THunderbird\Mail\Local Folders」)にコピーします。拡張子.msfのファイルは要約ファイルといって、 Thunderbird が勝手に作ってくれるので気にしなくてOKです。 とりあえず全部 Local Folders 直下にコピーしちゃいましょう。
【移行完了】
Thunderbird を起動します。 左ペインにコピーしたメールフォルダ名が表示されているはずです。フォルダをクリックすると、要約ファイルが作られます。メールが多いとちょっと時間がかかるかも?
メールフォルダがいっぱいある人は一覧にずらずらっと表示されちゃうので、ローカルフォルダを右クリックし新しいフォルダを選択し、適当なフォルダを作成したあとドラッグ&ドロップで整理していきます。
あとはアドレス帳と振り分け設定なんですが、 これは地道に手動で移行するしかないのかな?

1 / 9123...最後 »