FONユーザーがライブドアの公衆無線LANのAPを利用可能に

フォネラーな私は、単純に無料でできるアクセスポイントが増えるのはすごくうれしいです。
FONのアクセスポイントは、人が住んでいるところ=住宅街が多い気がするのですが、これに Livedoor のアクセスポイントが増えたら結構使えるかな?と期待してます。
ところが、 Livedoor のアクセスポイント、 少ないんですね~。 山手線内は80%をカバーしているらしいですが、それ以外はほとんどなし。 あまりメリットはないかも。 まぁ、機会があれば今度使ってみます~。
FON のユーザー登録をするだけで(エイリアンになれば)、 期間限定で無料で FON & Livedoor のアクセスポイントが使えるらしいので、 まだ未登録の方は是非どうぞ。
Broadband Watch
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/20852.html

FON を買ってみました

FONおそらく市販されている物の中では最も安いであろう無線 LAN アクセスポイント、 FON の La Fonera(ラ・フォネラ) を買ってつなげてみました。
まずはホームページより無料のユーザー登録を行い、フォネロと呼ばれるメンバーになります。 これだけで、 他のフォネロが公開している無線 LAN アクセスポイントへ無料で接続することができます。 ただし 15 分の制限時間あり。
この時間制限をなくすには、 ラ・フォネラを使って自宅のブロードバンド環境を開放すれば OK。 ラ・フォネラを自宅 LAN に接続したら、 無線 LAN に接続できるパソコン(私は、W-ZERO3[es] でやってみました) を使い、 FON_AP という名前のアクセスポイントへ接続します。 ブラウザを立ち上げると FON のページが立ち上がるのでフォネロの ID でログインし、 購入したラ・フォネラと自分のフォネロ ID を関連付けしてあげれば作業はほぼ完了。 簡単なものです。
公開する FON_AP という SSID (名前は変えられます) に割り当てる帯域は制限できますし、 この SSID で接続したパソコンからは自宅内にあるパソコンを参照することはできないので安心です。
さて、 主目的の自宅向け無線 LAN アクセスポイントです。
自宅内の無線にアクセスできるパソコンからは、 MyPlace という SSID を利用して接続します。 MyPlace の暗号化は WPA で、 キーは本体の裏側に書いてあるシリアルナンバー(S/N)。 以上を設定するだけで無事に接続完了。 ワーイ。
ただこのままだと Wii や DS が接続できません。 まだやってないのですが、 暗号化方式を WEP に変更するには、 「☆ぶにろぐ☆」さんが詳細に記載しているのでこちらを参考に変更してみる予定です。
☆ぶにろぐ☆ FON注意点とルータをWEPモードにする方法等

ブチブチ切れる

ここに来て再び、 自宅のインターネット環境が不安定になってます。
始まりは先月くらいからでしょうか? 使っていると突然名前解決が出来なくなり、 おかしいな~と思って調べてみると、 モデムのリンクランプが消灯していたりしてます。 夏頃から似たような現象はあったのですが、 そのときはモデム配下のブロードバンドルータが止まっていることが多かったのです。 どうもこいつは暑さに弱いみたいですね。 最近は順調みたい。 今回は、モデムからラインの向こう側に問題がありそう。
障害の現象は、 短時間のリンク断。 しばらく放置していればインターネットの接続は復旧するので放置気味だったのですが、 元旦はひかり電話も不通になったため、 NTTのフレッツ故障受付へ電話してみました (お正月からご苦労様です)。 担当者の方の言うとおりに機器の電源の抜き差しなどをしていたら、 とりあえずは復旧。 電話も復活した模様です。 ただ、 その確認中にもリンクランプが短時間消灯したりしていたので、 念のため来ていただいて調べてもらうことにしました。
ただ問題はその日程。 一応マンションなので、 MDF も確認したいとのこと。 でも今はお正月休み中で管理人さんがいません。 MDF がどこにあるかも、 あったとしてもそれに鍵がかかっているかどうかも不明。 ということで、 4日以降に訪問日程は再調整することになりました。 でもねぇ、 1月以降はほとんど家にいる予定がないんですけど。 どうしましょう?

KDDI 顧客情報流出

今月の 18 日あたりに発覚した KDDI の顧客情報流出。 400万名分という途方もない数の流出があったようです。
該当するほとんどのユーザについては、 19日前後にメールで「お客様情報の流出に関するご報告とお詫び」 というメールが届いていたようです。
わたくしの場合、 ちょうど対象期間(2003年12月18日以前)にデータ通信用の H” 端末を購入しておりました。 そのとき DION に入ると結構安くなるということで、 使いもしないのに入会してしまいました。 それが失敗だったみたい。
今回メールじゃなくて郵便で来たということは、 少なくとも流出したメールアドレスは使えなかったということだね。 あとは、 性別や生年月日が漏れたのかどうか、 他の情報は本当に漏れていないのか、 はっきりわからないところがもどかしい。
「あなたはどの情報が流出しましたよ」 なんてひとりひとり個別に報告するのはメッチャ大変だと思うけど、 全員に同じ文面のお詫びだけを流すというのはどうなんでしょうね。

ヤフオク参加無料キャンペーン

asahi.com に、『ヤフオク参加無料化を検討 サービス利用度に応じ段階的』 という記事が載ってました。
『ヤフーの無料会員に3年以上登録している利用者に対し、入・落札を無料にする』そうです。 もちろん該当者な私。 これはうれしいです。 どうしても欲しい物がオークションでしか手に入らない場合、 ビッダーズではどうしても品数が少ないのよねぇ。 ま~、 今は買いたいものはないのですが^^;。
とりあえず、 一年間限定のキャンペーンらしいですが、 ずっと続けて欲しいものです。 ただ、 こうなると厳しくなるのが基本料無料でやってきたビッダーズなどの他のオークションサイト。 さて、 どんな手を打ってくるのかな?
Yahoo! Japan オークション 参加無料キャンペーン