Feroda Core 4 リリース

やっとリリースされました。 待ってましたよぉ~。 これが出ないから、 代替サーバから移行ができないでいました。 もうすぐ出るのがわかっていて、 入れないわけにはいけないですからね。
ダウンロードは完了。 今週末にでも入れたいなぁ。 さて、 どうなることやら。
Fedora Core 4 リリース

カレンダーを削除してみました

最近、毎日書き込むことが非常に困難な状況であります。 カレンダーがあると結構穴が多く(というか書いてない日のほうが多い)、 自分自身の精神衛生上よろしくないため、 カレンダーを消してみました。
問題ないですよね。 その代わり、 最近のコメントと最近のエントリーをちょっと増やしてみました。^^

LinkStation ハックキット導入完了

前回の記事を書いてからまもなくハックキットが到着。 まず分解(写真つきで解説してあるページもあったので助かりました)して別の HDD を接続しなおします。 んで、 ホームページの導入手順のとおりに操作して無事に Linux (VineLinux2.6) がインストールできました。 簡単簡単。 samba まで手順どおりに入れれば、 とりあえず共有ディスクとしては使えるようになりました。
続いて、 proftpd のインストール。 こちらもいつもどおりで OK。 USB ポートに接続した HDD も /dev/sda として問題なく認識したので、 後は旧環境からファイルを移行するのみ。 Vine なので文字コードは EUC。 今までは Fedora のデフォルト環境で使っていたので、 日本語ファイル名を変換するので手間取りましたが、 無事に完了です。
今までの FTP 環境は下手をすれば数分、 長くても一日持たないで OS ハングアップという状態でしたが、 HD-HGLAN に変えてからはまったくのトラブル知らず。 快適です。 結構投資しちゃいましたが、 ストレスから開放されただけでもうれしい。
残るは WEB の方。 実はこのホームページも仮サーバで動いているのです。 相当昔のノート PC で動いているので、 早く本来あるべき姿に戻さないと。 まさか、 LinkStation で Movable Type 動かすのは酷でしょうからね。
そろそろ LinkStation もばらした状態でなくて、 元のちゃんとした姿に戻してあげなくてはなりません。 でも、 ばらしたのは2週間も前。 すでに記憶はおぼろです。 元の形に戻るのかなぁ。 ちょっと心配^^;

Vine Linux 3.1 が インストールできない

HD-HGLAN を改造するに当たり、 作業用の Linux マシンが必要らしい。 このため、 ずっと眠り続けていた NEC の MA10T という PC を使うことにします。
knoppix で CD ブートでもよかったのですが使ったことないですし、 HDD に入れておいたほうが何かと便利かと思って、 Vine Linux 3.1 を入れることにします。 何といっても、 インストール CD が一枚なのでお手軽なのです。
早速 CD からブートさせようとしたのですが、 「Uncompressing Linux…OK, booting the kernel.」 と表示されて、 一向に先に進みません。 う~ん、 困ったもんだ。 他の機種だったけどやはり NEC 製のパソコンに Vine Linux 2.6 あたりを入れたときも、 起動時にエラーが出て BIOS 設定を換えたような気が。 不具合の内容は忘れましたが、 レガシー USB を有効にする必要がありました。
ググッてみたところ、 公式サイト? 「Linux on PC98-NX:詳細情報」 というページに情報がありました。 やはり BIOS の変更が必要で、 APIC interrupt routing をインストールのときのみ Enable にしなくてはいけないとのこと。 早速やってみたら、 無事インストール完了。 (´▽`) ホッ。

続きを読む

20 / 41« 先頭...10...192021...3040...最後 »