輪番停電

東日本大震災で被災された皆さんに心からお見舞いを申し上げます。

幸いにも自分は大きい被害に会うこともなく、無事に過ごしております。
さて。
今回の震災の影響で電力供給が大幅に落ち込むことに伴い、 輪番停電が実施されることになったらしいですね。 こうなると、 自宅サーバーを立てている私などは非常に困ってしまいます。 UPS はあるのですが、 現在バッテリー切れで動いてません^^; ヤバいです。

MT5とmixiの日記を連携

このサイトを Movable Type 5 に変更してから、 mixi の日記を外部ブログとして設定したつもりだったのですが、全然更新されてませんでした。

ということで、 ちょっと検索してみました。
まず、 「鈴木7才ダイアリー」さんの記事を参考に、 RSS を自動で作成するよう「購読」ウィジットを追加します。 なお、うちのサイトは何故か index.xml でなくて atom.xml しかできてなかったです。
で、 下記のように変更したら、 うまくいったのでメモです。
  • mixi のトップページに行き、 そこから「設定変更」ボタンをクリック。
  • 外部サービス連携の「日記/ブログの選択」をクリック。
  • 日記/ブログの選択は、「その他」を選択。
  • 日記/ブログのURLは、「http://wellvil.com/blog/」 を記入。(自分のブログのトップページ)
  • RSSのURLは、「http://wellvil.com/blog/atom.xml」を記入。(自分のサイトのRSS)
以上で、自分のプロフィールページに「最近の日記」が表示されるようになりました!

ImageMagick(MagickWand)でベクトル画像(SVG)をJPEGへ変換する

お仕事の関係で、 独自フォーマットのベクトル画像情報を、C言語のアプリからJPEGに変換したいという依頼がありました。 調べてみると、 まず SVG という XML形式の画像フォーマットに変換できれば、 ImageMagick を使って JPEG に変換できるとのこと。
参考までに、その方法は、
 convert hogehoge.svg hogehoge.jpg
とするだけ。簡単ですね。
でも、 system() でシェルなりなんなりを呼ぶのはなるべく避けたいので、 MagickWand を利用して実現することにしました。
まず、 環境作りから。 CentOS release 4.8 で確認しましたが、 他の RH 系は皆同じかも? ImageMagick-devel を入れてもコンパイルに必要なヘッダとかがインストールされないので、 下記手順を行いました。
●ImageMagick のアンインストール
※rpmで入っているものはヘッダファイルが入れられないため、入れ直す。
# rpm -e ImageMagick
●ImageMagick をソースからインストール
※下記ファイルがカレントディレクトリにあるものとする。
ftp://ftp.imagemagick.org/pub/ImageMagick/ImageMagick.tar.gz
# tar xvfz ImageMagick.tar.gz
# cd ImageMagick-6.6.5-0
# ./configure
# make
# make install
●共有ライブラリにImageMagickを追加
# echo /usr/local/lib >> /etc/ld.so.conf.d/usrlocal.conf
# ldconfig
上記が終わった環境で、コンパイルは次のとおりにします。
ここでは、サンプルのwand.cをコンパイルしています。
(/usr/local/bin にパスがはられている必要があります)
$ cc `MagickWand-config –cflags –cppflags` -O2 \
`MagickWand-config –ldflags –libs` -o wand wand.c
で、 最後に SVGをJPEGへ変更するサンプルソース。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <wand/MagickWand.h>
int main(int argc,char **argv)
{
#define ThrowWandException(wand) \
{ \
char \
*description; \
\
ExceptionType \
severity; \
\
description=MagickGetException(wand,&severity); \
(void) fprintf(stderr,"%s %s %u %s\n",GetMagickModule(),description); \
description=(char *) MagickRelinquishMemory(description); \
exit(-1); \
}
MagickBooleanType   status;
MagickWand          *magick_wand;
if (argc != 3)
{
(void) fprintf(stdout,"Usage: %s imagefile(from) imagefile(to)\n",argv[0]);
exit(0);
}
/*
Read an image.
*/
MagickWandGenesis();
magick_wand=NewMagickWand();
status=MagickReadImage(magick_wand,argv[1]);
if (status == MagickFalse)
ThrowWandException(magick_wand);
MagickResetIterator(magick_wand);
/*
Convert to JPEG
*/
status=MagickSetFormat(magick_wand, "JPEG");
if (status == MagickFalse)
ThrowWandException(magick_wand);
/*
Write the image then destroy it.
*/
status=MagickWriteImages(magick_wand,argv[2],MagickTrue);
if (status == MagickFalse)
ThrowWandException(magick_wand);
magick_wand=DestroyMagickWand(magick_wand);
MagickWandTerminus();
return(0);
}

なお、この記事は、ImageMagick: MagickWand, C API for ImageMagick を参考にさせていただきました。

Try WiMAX レンタル

先週末、 ラゾーナ川崎のビックカメラで、 Try WiMAX レンタルを申し込み、 その場で端末をレンタルしてきました。 15日間借りられるのですが、 本日(1週間借りただけで)返却してきてしまいました。
私が WiMAX を利用したいシチュエーションは、 客先での作業室&マシン室のみ。 自宅や会社でも使えたらそれなりに便利ですけど、 ともにインターネットへのアクセス手段が確保されているため必須ではありません。
今回お借りしたのは、 UD01SS という USB タイプ。 使用した PC はともにノートで、 会社支給の Windows XP と、 自前の Windows 7 64ビットです。 会社 PC はセキュリティが厳しすぎて、 認識すらちゃんとしませんでした。 Win7 のほうは無事にインストールできたのですが、 サスペンドしたつもりだったのに、 気づいたら再起動していたというのが2度ほどありました。 こんなことは今までなかったのですが、 WiMAX のドライバーが原因かどうかは不明です。
今回は、 自宅、 会社、 出張先で試してみました。
まず、 自宅と会社。 これが全然使えません。 自宅は au 以外のキャリアはほとんど使えないので諦めていたのですが、 思った通りの結果でした。 会社は海に面したビルのため、 これまた予想通りに電波は微弱。 状況からしてしかたないでしょう。 気にしないことにします。
さて、 問題の出張先。 今回は徳島のお客さんのところだったのですが。
窓のある小部屋で使ってみたのですが、 う~ん、微弱です。 さらに内部の窓のない部屋に行くと、 全く不通。 徳島に限らず、 客先ではマシン室にこもることが多い私。 基本窓がない部屋にばかりいるので、 これでは使えませんね。 残念です。
参考までに、 出張先のホテルで使ってみたところ、 こちらはすこぶる快調。 某速度計測サイトで 5M超を記録しました。 どこでもこのくらいの速度で繋がってくれたら、 即契約するんですけどねぇ。
ということで、 今度の契約は保留。 もう少し使えるようになったら再考してみます。
と、 ここまで書いたら、 後輩から電話が。 こちらも UQ WiMAX と イーモバイルで悩んでいるらしい。 イーモバイルを勧めておきました^^

Sharp NetWalker

久々に魅力なデバイスが、 しかも日本のメーカーから出てきました。
SHARP のNetWaker であります。
SHARP NetWalker
シャープの新モバイル端末 NetWalkerを最速レビュー
最近は会社のPCと自前のPCの2台を持って行くことが多いです。
会社 PC は、 会社アドレス宛メールの送受信のために必要なので、持って行く確率が高いです。 ただ、 PC から外部媒体に出力手段がありません。 USB接続のマスストレージには書き込み禁止するソフトウェアがインストールされており、 それ以外にも制限ばかりで、不測の事態が発生したときは二進も三進も行かなくなってしまうのです。 このため保険として、 個人保有のネットブックを持って行きます。 最悪自社からネットブックにファイルを送ってもらって、対応することもあったりします。 こんな時代だからセキュリティ強化は必要なのですが、 あまりにも不便すぎですよね。
今使っている自前ネットブックは、 Ubuntu を入れて使っています。 これでほとんどのことができるので、 Windows の必要性を感じません。 ただ残念ながら、 このカテゴリーの PC で、 国内で Linux (Ubuntsu が多いですね^^)を利用した PC は、販売してくれません。 これが非常に不満でありました。
今回発売される Sharp の NetWalker は、 非常に珍しい Ubuntsu 9.04 を採用した非常に小さいコンピュータ。 これは超気になります。 これは発売されたら、 お店に行っていろいろ胃ぢくってみたいと思っております。
使用を見る限りは、 USBが 1つしかついていないことと、 BlueToothがついていないこと。
USB デバイスを使いたい場合はマウス(USB)が使えない。 BlueTooth が使えれば、 問題なかったのになぁ。 これだけが残念。