My SoftbankからのMNPは超難関!

明日のpovo 2.0に備え、今月契約したばかりのSoftBankからMNPすることにします!

ただ、相変わらずキャリアさんはMNPとか解約とかを、未だにさせづらくしてるのですね。

まず、アプリ版のMy SoftBankを起動してメニューを漁ってみたのですが、MNPやナンバーポータビリティの記載は見つからず。仕方なくWEB版のMy SoftBankにアクセスしてみます。まず、アプリ版とWEB版で機能の差をつけている時点でムカつく。好感度ダダ下がり。

WEB版もたぶん全メニュー漁ったけれども、MNPの状況確認画面はあるけど申込画面がないので、もうわからん。店員さんに聞きに行きます!

たぶん、普通のソフトバンクショップは予約が必要なのでしょうが、コストコ店は違います。早速行って聞いてみました。 

私「My SoftBankからMNPしたいんですけど、やり方わからないので教えて下さい!」
店員「わかりました!ただ、My SoftBankからの行き方はわからないので、『softbank mnp 予約番号』で検索してもらえますか?」

ん?ということは、メニューから辿っては行けないということを仰ってるのよね。その場ではスルーしたけど、大問題な気がします(笑)。

店員「このずーっと下の、そうこれです、これをタップしてください。」などと導かれながら、やっと予約番号をゲットできました。いやぁ、ダンジョンだ。MVNOの手順とは余りにも違いすぎて、ヤバすぎです。

私「格安SIM(MVNO)と比べて複雑過ぎません?」と申したところ、
店員「電話しないで出来るようになっただけでも、だいぶ良くなりましたよ!」

なんかズレてる。総務省さん、これも改善させてください!

YOUテレビから楽天ひかりへ変更検討中

メールが来て知ったのかショートメールだったのか、いろいろ探しているけど見つかってないのですが、今契約しているYOUテレビのインターネットサービスが、10月でちょうど2年らしい。そう、よくある2年縛りの違約金がかからずに他社へ変更できる貴重な1ヶ月なのです。

いろいろ調べてみたのですが、やはり一番安くなるのが「楽天ひかり」なのかも。楽天モバイル契約者は、ひかりに契約すると1年間無料というのはやはりデカイ。光コラボ系では7万キャッシュバックとかよく見かけますが、条件が厳しそうで満額もらえるのは難しそう。単純に毎月利用料が0円になるのは解りやすくて好感が持てます。

2年間いろいろお世話になったYOUテレビさん。サポートも最高で文句なかったのですが、ホントにごめんなさい。お世話になりました。

10月にむけての個人的SIM運用

メインの端末をMi 11 Lite 5GからPixel 5aに変更していきます。

Pixel 5aにはSoftBankのnanoSIMが入ってますが、これはMNPしてpovo 2.0に変更してモバイルルーターで使用予定というのは前に書いたとおりです。

Mi 11 Lite 5Gには、音声のnanoSIM(IIJmio)とデータ専用のnanoSIM(y.u mobile)を使ってます。Pixel 5aはnanoSIM + eSIMなため、そのまま付け替えで済みません。どちらかをeSIMに変えなくてはいけないのですが、y.u mobileはそもそもeSIM未対応なためIIJmioを変えるしかありません。IIJmioといえば昔からeSIM対応してたので楽勝かと思っていたら、音声対応eSIMはないんですね。ショック。

仕方ないので音声eSIM対応で月額が安くてしかも事務手数料無料なところを探してみたのですが、LINEMOくらいしか見当たりません。という訳で、不本意ながらLINEMOミニプランへ移ってみますよ。

現在はIIJにMNPの申込みを行ったところ。明日には主回線をPixelに移行できる予定です。

「povo 2.0」が9月29日開始

povo 2.0がいよいよ9月29日に開始されます。待ってましたよ。

ついこの前契約したてのSoftBank回線をMNP予定です。povo2.0がモバイルルーターFS030Wで使えるかを検証し、問題なければ大容量データSIMは解約したいと思ってます。

明日にはMNP予約番号取得しておかねば!

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1353750.html

とあるダイソーで

DAISO
今の若い人あるあるかも知れませんが。

週末夕方のダイソーは結構混んでいて、レジには結構なお客さんが並んでました。もうすぐ私の番だと思い、支払いの準備を整えて、順番を待ちます。

私の一人前の若い男の人がレジの人から呼ばれ、会計を始めました。店員さんが「220円です」と告げて一呼吸してからおもむろに右後ろのポケットから財布をゆっくり出し、小銭を漁り始めました。何なんだコイツ。

後ろにたくさん人が並んでいるのは認識しているはずなのに、この傍若無人ぶりは何なのでしょう。本当に最近の若い人は理解できません(年寄りの世迷言)。