AnycaでIONIQ5乗ったらスゴかった


色んな意味で話題になってるヒュンデのIONIQ5に、短時間でしたが試乗してまいりました。なかなかスゴかったです。

BEVだから当たり前なのでしょうが、圧倒的な静かさは魅力ですね。そして、アクセルを踏み込んだ瞬間に後ろから突き飛ばされたような加速感は、もう麻薬です。超楽しい。
寸分のブレもアソビも感じられないステアリングも好感触でした。

i-PEDAL(完全停止までできるワンペダルドライブ)はやはり便利ですね。AURAにもコレ欲しかった。ただ、発進時のスムースさは日産のe-POWERの勝ちと感じました。

ウインカーレバーが右にあるのは助かるのですが、そのすぐ下にシフトレバーがありまして、曲がるときにこちらを動かそうとしてしまったことが何度もありました。ここ邪魔。しかもシフトを変えるのにレバーを上下に動かすのではなく先端を回して変えるのが、個人的に好きではなかったです。

走行時にウインカーを出すと、曲がる側の後方をインパネに表示してくれるのは、すごく良いと思いました。これ、AURAにも欲しい。

ドライブ中はスマホをBluetooth接続して音楽を聴いてたのですが、音が残念でした。特に低音が全然出てなくて驚きました。オプションでオーディオがアップグレードできるなら、したほうが良いかもです。

時間があれば急速充電も試してみたかったのですが、ここと思っていた場所が有料駐車場&満車で、入口にいた係員に入れてもらえなかったので諦めました。

Anycaで初めて車を借りてみたのですが、シェアのたびにオーナーが掃除をするわけではないオフィシャルカーということもあって、車内が汚いです。まだ1,000kmしか走ってない新車なのに。思わず掃除しようかと思いました(笑)。

全体的には、非常に好印象でした。機会があれば、是非Anycaを利用して試してみてください。1時間1,200円なので、初めての方は2時間までほぼ無料? ↓から登録してね。

カーシェアアプリAnyca(エニカ)の招待キャンペーン!会員登録時に招待コード「epower0309」を入れると、2,500円分の割引ポイントがもらえる!
https://anyca.net/invite?uid=408023&cpn_id=17&code=epower0309&car_id=46497

新型ノートe-POWERが借りられるタイムズカー・ステーション

2021のカーオブザイヤーを制覇した日産ノートe-POWERシリーズ。街中ですれ違う機会も増えてきました。
購入を検討されている方も多いかと思います。ただディーラーでの試乗では、昼間の短い間だけしか乗れません。いざ買うとなったら、しっかり試乗したいですよね。そんな時は、タイムズのカーシェアが便利です。

私はすでにオーラを購入済みですが、夜間のとある事象が気になっていたため、短時間シェアをして不具合なのかどうか確認したいと思っています。確認のため、タイムズさんに無理を言ってノートE13が借りられるステーションのリストを教えてもらいました。

2022年2月現在の東京都と神奈川県のみとなります。E13限定でお願いしたのですが、実際に確認した訳ではないので異なることがあるかもしれません。また、車両についているオプションについては車両ごとに異なり、タイムズさんでは管理されていないそうなので、実車をご確認の上シェアをお願いします。

https://www.google.com/maps/d/u/0/edit?mid=1j-uFCGzCkrGwIEQXUzhf9d9GsXrXn1BX&usp=sharing

カーシェア・オーナー必携アプリ「TrackView」がPlayストアから削除

Anyca運営からカーシェアをされているオーナーに対し、シェア中に自分の車の位置を把握できるようにする事を推奨するみたいなお知らせが以前にあった気がします。これを手っ取り早く実現する方法としては、紛失防止タグのApple AirTagかTileを購入し、車内にわからないように設置することです。(ちなみに私は、AirTagを車内のあそこに隠してます)

ただ、AirTagはiPhoneのみ対応です。TileシリーズはiPhoneとAndroid対応ですが、確かTileアプリを入れているスマホのみが対象端末になったはずです。これらの紛失防止タグは自前で通信機能を持っていないため、たまたま近くを通りかかった対象端末の通信機能を間借りして、位置情報を所有者に届けています。このため、リアルタイムな位置を追跡したりは出来ず、近くに対象端末がないような人がいないところでは、位置情報を送ることができません。

こんな悩みを解決してくれるカーシェア・オーナーにオススメの仕組みが、TrackViewをインストールしたAndroidスマホを車内に設置することです。AndroidスマホはGPSが内蔵されていて外部との通信ができれば、ほとんどのモノが利用できるはずです(GMS対応でもHUAWEI製はやめたほうが良いです)。ちゃんと設置すれば、オーナーは車が現在ドコを走行しているかを手持ちのスマホのアプリでリアルタイムに確認することができるようになります。

私は比較的安いスマホにTrackViewをインストールして車内に置いてます。そのスマホには、自分とだけ友達登録してあるアカウント付きのLINEアプリと、関東一円をオフライン地図として保存しておいたGoogleマップが使えるようにしてあります。こうする事により、実測はしてないのですが3GB以下のデータ専用プランのSIMを刺しておくだけで、十分まかなえます。車を借りる方からすると、オーナーとは使い慣れてるであろうLINEで連絡取れるし、イザという時はナビにもなってくれるスマホが無料でついてくるとなれば、喜んでくれるはず。Android Autoでも使えるようにしておけば、さらに付加価値が上がるでしょう。

ただこのTrackViewですが、最近残念ながらPlayストアから削除されてしまったそうです。このアプリ、悪意のある人が使えば、便利なストーカーツールに簡単になってしまうからだと思うのですが残念ではあります。ただしスマホの設定を少しいじればダウンロード可能です。いわゆる野良アプリになってしまったため、利用開始するためのハードルは少し上がってしまいましたね。

野良になったタイミングでなのかはわからないのですが、HomeSafeという名前に変更されたそうです。中身は変わってないみたいですけど。ただ紛らわしいのが、playストアにはすでにHomeSafeというアプリはすでに登録されており、TrackViewの後継のそれとは全く異なるアプリとなっていることです。今後インストールする必要のある方は注意しましょう。

ちなみにすでにTrackViewをインストールされている方はこのまま使い続けられるはずです。同じアカウントでログインしていれば、どちらのアプリが入っていても全く同じように操作できるようです。

HomeSafe(TrackView)
http://trackview.net/download.html

Cheer Driveやってみる!

CheerDrive
昨日やっと修理から戻って来た、ノートePOWER。今回もやはり一ヶ月半くらいかかってしまいました。

事故を起こされる前から準備していたのが、CheerDriveのステッカー。一定期間の間にステッカーを貼った状態で走行すると、走行距離に応じて報酬が得られるというサービスです。今回初めてやってみます。ただし、期間は今月末までなので、たった3週間しかありません。厳しい。

経験からして緊急事態宣言発令中はあまりシェアのリクエストは来ないので、収入を得るのは難しそうです。

Cheer Drive チアドライブ|すきな商品、ドライブで応援!

カーシェア2020-2021での収入を公開しますw


を始めたのが2020年8月14日だったらしいです。
まだ一年経つには10日ほどありますが、傷だらけで修理待ちな車にはたぶん誰も乗りたがらないでしょうから、このまま何事もなく静かに一周年を迎えることになりそうです。

さて、一年間やってみての収入をまとめてみました。始めた当初はもう少し稼げると思っていたのですが、やはり多すぎる事故とコロナの影響が大きかったようです。大部分がAnycaで、dカーシェアは終了間近になって立て続けにいくつか入った感じです。

お盆明けになると修理のために入庫予定ですが、今回分も含めてこの一年間に発生した事故がなんと3回。事故によりシェアできなかった期間が約2か月半くらいでした。修理期間のシェア代金の収入もなくなるし、原状復帰させるまでのオーナー負担となる細かい経費が結構ありまして、損害が予想以上に大きいです。車をつかえない間の収入保障もドライバー保険で賄ってくれないものでしょうか。マジで。せめてお見舞金くらいください。

状況を見る限り運転不慣れなせいで起きてる事故だと思われるので、次年度はドライバーの制限でもかけますかねぇ。そうすると借りてくれる人が減っちゃうんだろうなぁ。