シェアする車両にGPSを取り付けます。

5月25日にAnycaから重要なお知らせがありました。

アルバイトなどの名目で、第三者からカーシェアの予約と指定場所での受け渡しを指示されたドライバー様が、指定場所でクルマを渡すと、そのまま持ち去られてしまい、クルマがシェア完了時刻までに返却できないばかりか、無断で転売されてしまうという事案が発生しました。

という恐ろしい事象が発生したそうです。
万が一に備え、近日中に車両へのGPSの取り付けを行うことにしました。シェア中の車両位置がオーナーから検索可能になります。実現のために、AppleのAirTagを利用することにします。発売日に買ったは良いものの使い道が思い浮かばずに放置してたので、ちょうど良い用途が見つかりました。保護フィルムとケースもちょうど届いたところなので、近々仕込みます。どこに忍ばせておこうかな?

Apple AirTag開封!

たまたまStoreのページを見てみたら在庫があるようで、家から30分かからずに行けるApple川崎で本日受け取れるとなっていたので、早速ひとつ手に入れて来ました。
AirTag
いくつか関連記事を見ていて言及されているのを見かけなかった事を少しだけ。

上の写真のペアリング時の画面を誤って消してしまった時、「探す」アプリの持ち物を探すを選び、「AirTagを追加」から再表示させることができます。

キラキラ画面の裏側は磁石になっていて、鉄のプレートなどにくっつきます。iPhone12の背面にも付くだろうけどだからどうした、という情報でした。

SE2以外のiPhoneはあるのだけれど、カーシェアリングの車の中に置いてあるので、しばらく使えません。iPhoneが1台だけだと特に何もやることがないので、これにて終了です。

AirTag – Apple公式サイト

Apple、AirTagを発表!

airtag
今回の発表で一番気になるのが、「AirTag」ですかね〜。Tileと比べてどうなのかが気になります。iPhoneがないと使えないのがちょっとなぁ。

最新iOSが必要なのは良いとして、iPhone 11以降が必要というのはハードル高そう。私のSE2は対象なのかな?

家の鍵につける方が多い気がしますが、スマートロックを導入して鍵がほぼ必要なくなってるので、使い道が微妙あまりなさそうです。

アップル、忘れ物防止タグ「AirTag」発表
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1320035.html