Sesame miniが帰ってきた!

3月頭に壊れたあとサポートとなかなか連絡がつかず、修理がどうなるか不安だったSesame mini。3月24日にやっと連絡が来て、修理対応していただくことになりました。電池や土台アダプターなどは全て外し本体のみを送れというので、仕方なく言われた通りに翌日発送。3~4週間かかると言ってたので4月中旬まで使えないと覚悟してました。

昨日になって発送連絡が届き、本日無事に届きました!嬉しい〜。これでもとの生活に戻れます。スマートロックのある生活は便利すぎて、ホントにストレスだったんです。

今回修理していただくに当たり端末のリセットが必要だということで、受け取ってから設定をいちからやり直すのは少し面倒でした。セサミアプリからSesameを一旦削除しスマホのBluetooth設定からも残骸を削除した後、Bluetoothのペアリング、WiFiモジュールの追加、ロックの角度調整、その他細かい設定を行います。ロックの愛称を変えたせいかもしれませんが、IFTTTの設定も一通り見直して完了です。これらは全部iPhoneで先にやって、Androidにはどうやって反映させるのかなと思ったら、一旦ログアウトしてログインし直すだけで済みました。これで明日から鍵を触らないで済む生活に戻れます!一応、IFTTTで家からある程度距離内に入ったら、Sesameアプリで手ぶら解錠設定、そしてiPhoneの背面トリプルタップの三段階で解錠設定してるので、玄関前で鍵が開くのをじっと待つことはほぼないはず。
Sesame mini
予定より早く戻ってきたSesame。それだけでも嬉しかったのですが、新しい電池が2本入ってたのが驚き。でも、本来は(送らなかった)土台アダプターに貼り付けて使うべき両面テープが、本体に貼ってあったのはなぜだろう?(左の白いベロみたいなの)。仕方なく自前の強力両面テープで貼り付けました。

Sesameの製品は1年持てば御の字くらいの寿命しかないようなので、今回の修理で半年は延命できたハズ。これが壊れる頃は、最近出たばかりでまだあまり安定してなさそうなSesame3も安心して使えるようになってるだろうから、楽しみにしてます。

0

楽天UN-LIMITがパートナー回線になった!

my楽天モバイルアプリが新しくなったらしいので久しぶりに起動してみた。そしたらなんと、いつの間にかパートナー回線エリアになってしまってました!

こちら川崎区なのですが、ひと月前は楽天回線エリアだったはず。東京都内は原則パートナーエリアになったのは知っていたけど、川崎がパートナーエリアになるのは早くない?ちょっと考えないと。

0

Jelly 2 使用レポート

Google Pixel4aからunihertz Jelly 2 にメイン端末を変更してしばらく使ったので、使用レポートです。基本前機種との比較になります。なお、ランチャーはNova Launcherを使ってます。

まず、良い点から。

注目度非常に高いです。おサイフとして読み取り機にかざす時やクーポン画面を店員さんに見せた時、「それなんですか?」「カワイイ〜」「これで電話できるんですか?」などと良く聞かれます。なんか嬉しくなります。

そして、おサイフの反応がよいです。私の使ってたPixel4aは反応がすごく悪くて、4~5回リトライしてやっとチャリーンとか言ってくれることが良くあったので、今回は大丈夫かなと心配しながらかざしてました。Jelly 2 は今の所イッパツで決まってるので良く感じてます。

次に良くない点。これは我が家の環境、使用している端末固有の問題の可能性もあります。全てのJelly 2がこうなるかは不明です。

  • 無線5Gに繋がらない
    無線LANの一覧には5GHzのAPもリストアップされるけど、選択しても接続できません。2.4GHzのみ接続してます。

  • ウィジェットが再描画されない(解決)
    導入当初すごく悩みました。AppBlockerを無効にすることで解決してます。他にもいろいろ不具合があったので、これは必ず無効にすべき設定です。
    設定-SmartAssistant-AppBlockerで変更します。

  • 指紋認証、顔認証
    指紋の認識率がイマイチ悪いです。連続失敗しすぎてPINを使うことがそこそこありました。

    顔認証はそこそこ速いです。メガネかけて登録してたはずですが外してても問題なく認証されます。そしてこの時期に合った対策をしてるのか認証が甘すぎるのか不明ですが、なんとマスクをつけていてもちゃんと認証されることがあります 。ある意味便利なんだけど、セキュリティ的にどうなんでしょう?他の人の顔でアンロックされるかは未確認です。
    指紋の認識の悪さは、セキュリティのSmartLockで良くいる場所といつも接続してるBluetooth機器(スマートウォッチとか)を登録しておくと、(上スワイプが必要だけど)認証なしで使えるようになるので、設定しておくと良いでしょう。

  • テザリングが出来ない
    Rakuten UN-LIMITで使ってるので、念の為他のスマホからテザリングできるようにしておこうと思ってやってみたのですが、アクセスポイントをONにしても他のスマホから検索できませんでした。

  • WiFi感度が悪い
    また無線関連ですが、
    モバイルルーターに接続後に少し移動して端末を使おうとすると、アンテナは立ってるのにアプリがインターネットに接続できずエラーになることが良くあります。またさらに離れて電波がすごく弱い時、接続をキープしようとする傾向があるようです。ともにWiFiを無効にすることで対応してます。

  • 充電ポート
    普通は底面にある充電ポート。Jelly 2では右側面の下の方にあります。添付のコネクタがL字型のケーブルを使えばよいのですが、そうでない場合充電中は超絶持ちづらいです。せめてポートが左側にあれば右手での操作は気にならなかったのですが、少し残念ポイントです。

  • バーコード表示
    これはJelly 2の不具合ではないのですが、この機種ならではの問題です。画面が小さすぎて、アプリで表示されたバーコードがお店のスキャナで読み取れないことがありました。
    何度トライしても出来なかったのが、シャトレーゼ・アプリ内のCashipo。使ってる方は要注意です。
    逆に問題なかったものを覚えてる範囲で書くと、PayPay、楽天ポイント、ファミペイ 、メルカリ(出品者の発送コード。郵便局とヤマト運輸)、PayPayフリマ(出品者の発送コード。郵便局)、三井ショッピングパーク、いなげや、はなまるうどん。

なんか悪いところばかりになってしまいました(笑)。バッテリー持ちは良くないし、QWERTYでの文字入力は相当な熟練を要しますし、老眼な人には拷問のような端末ですが、やはり小さいことは正義。気に入って使ってます。
なかなかおもろいスマホなので、是非使ってみていただきたいです。

Jelly2-最小のAndroid10スマートフォン
ただいま予約受付中!$219.99

0

ChatWiFiも近日利用制限が開始されるらしいです

FUJI WiFiの利用が制限されるという報道が先日あり話題になりましたが、心配していたChatWiFiもやっぱり制限が入るらしいです。データ通信量の規制が入ります。

FUJI WiFiではソフトバンク回線と明記されてましたが、ChatWiFiでは「回線元」という記載だけです。まぁソフトバンク以外ないと思いますけど。現在は、2019年にケイヤクした3,000円強でSIMだけ100GBプランを契約してるのですが、近々使用量上限が50GBに変更されてしまうようです。うーん、これは結構痛い。いきなり半分はないよなぁ。どうしよう。代替サービスはどこかが提供してるかなぁ。少し探してみます。
ChatWiFiのホームページには、まだ情報は公開されてないようです。
ChatWiFi

0